今年も歯を大切に!

看護師の榎本です

明けましておめでとうございます

本年もわんちゃん、ねこちゃんの健康にお役に立てれるよう努めて参りたいと思います



これからの健康維持のために今年も歯をきれいにしましょう

人用の製品でも有名なLIONからわんちゃん、ねこちゃん用のデンタルケア製品ができました


2018-01-06-15-52-04




デンタルジェル

味は3種類!

ローストチキンフレーバーフレッシュリーフフレーバー、グリーンアップルフレーバーがあります!

デンタルジェルなので、色も透明で香りもきつくありません


青汁にも含まれている『明日葉』由来のポリフェノール配合です明日葉由来のポリフェノールによる抗菌作用がわんちゃんの歯周病菌に作用することが確認されています

またデキストラナーゼ酵素配合により、歯垢を分解し、歯垢の付着を抑えてくれます

さらにポリリン酸ナトリウム配合により、歯石の形成を抑えてくれます


デンタルブラシ

形が3タイプあり、どのデンタルブラシも小さめとなっています!

歯の表面を磨くラウンド毛タイプ、歯の表面と歯周ポケットを磨くダブル毛タイプ、

歯周ポケットをしっかり磨く超極細毛タイプがあります

2018-01-06-15-56-47




お口の状態に合わせて選んであげましょう



デンタルシート

こちらのデンタルシートはどれだけ引っ張っても破れないと言われているほど丈夫なデンタルシートです!


またデンタルシートにも『明日葉』由来のポリフェノール配合されているため、
歯周病菌への抗菌作用が働きます

さらにポリリン酸ナトリウムも配合されているため、歯石の形成を抑えてくれます


デンタルスプレー

今までありそうでなかったスプレータイプです!

お口にシュッ!っとスプレーしていただくとクランベリーのいい香りがします

1日に45 回しても大丈夫なもので、回数が多い方が効果が期待されます


こちらにはキトサンオリゴ糖というカニやエビなど甲殻類に含まれるキチンに由来する食品成分が配合されているため、口臭の原因となる菌の生育を抑え、口臭を和らげます

また口臭の原因となる酵素も抑え、さらに口臭の軽減が期待できます


2018-01-06-15-53-51



今まで歯磨きジェルの味や歯ブラシのサイズ、形に気にいるものがなかった方!

丈夫なデンタルシートをお探しだった方!

歯を磨くことが難しく、歯みがきガム以外のデンタルケア製品を探していた方!

ぜひ一度お試しください


ちなみに我が家のひまわりはデンタルブラシのダブル毛タイプを早速愛用しています

ヘッドが小さめなのが磨きやすくて使いやすいなと感じています



数量限定にはなりますが、歯みがきジェルはお味見していただくことができます

お気軽にスタッフまでお声かけください


看護師 榎本

 

獣医師出勤表『2月』

2月の獣医師出勤日です。   

診察をご希望の際は、獣医師の出勤日を確認の上、ご来院いただきますようお願い致します。 
10

低血糖について

獣医師の梶村です。

今回は低血糖について説明します。
低血糖とは何らかの原因により血糖値が低下した状態のことで、様々な症状が現れます。

illustrain05-etoinu05


◯症状
低血糖が重度になるにつれ、活動性の低下、性格の変化、震え、ふらつき、失禁、嘔吐、下痢、痙攣、昏睡、頻脈、低体温などが認められます。

◯原因

インスリン過剰投与
インスリノーマ
アジソン病
肝不全
重度の飢餓
若齢性の低血糖
激しい運動
悪性腫瘍
敗血症
キシリトール中毒
エタノール中毒

などで低血糖が起こります。 


インスリン過剰投与は糖尿病の治療中によく起こります。
インスリノーマは膵臓の腫瘍で、ほとんどが悪性です。
アジソン病は副腎皮質ホルモンが不足する病気です。
肝不全は門脈体循環シャントなど様々な原因により起こります。
一部の悪性腫瘍ではインスリン様の液性因子を分泌することにより、低血糖を引き起こします。
敗血症とは、感染症により重篤な全身性反応が起こることです。
 

◯検査
原因を探すため

血液検査
レントゲン検査
エコー検査
ホルモン検査(ACTH刺激試験) 

などを行います。


◯緊急治療
自宅ではガムシロップや砂糖水を口から与えてください。
病院では血管に直接、グルコースを投与します。

◯予後
原因疾患やそれのコントロール次第です。
重度の低血糖が長時間続いた場合、脳に障害が起こる可能性があります。

◯気をつけるポイント
血糖値の低下により、徐々に重篤な症状が出てきます。
上記の症状が出始めたら、すぐに病院に連れていくか、それが無理なら食事、砂糖水、ガムシロップを与えてください。
もちろんその後は病院に来て、低血糖であれば原因を探す必要があります。
命に関わる事なので、その場限りで終わらないようにしましょう。 

image


獣医師 梶村

 

犬の甲状腺機能低下症について

以前アップした記事ですが、携帯電話での表示がおかしかったため、もう一度アップします。

獣医師の梶村です。
今回は犬の甲状腺機能低下症について、説明します。 

illustrain09-inu5


この病気のほとんどが甲状腺に病変が存在し、自己免疫異常の可能性があるリンパ球性甲状腺炎と、原因が分からない特発性甲状腺萎縮の二つに大別されます。

以上の病気などにより、甲状腺ホルモンの合成及び分泌が低下することにより、様々な臨床症状を引き起こします。 


◯症状

肥満、活動性低下、左右対称性脱毛、色素沈着、パサパサもしくはベトベトした被毛、難治性再発性外耳炎、徐脈、不妊症、無発情、ふらつき、震え…など様々です。 


◯検査

血液検査にて、軽度の貧血、コレステロールの上昇、トリグリセリドの上昇、肝酵素の上昇、クレアチンキナーゼの上昇が認められることがあります。

ホルモン検査にて、T4、FT4、TSHを測定します。

T4(サイロキシン)は血液中でタンパクに結合しており、生物学的活性を持ちません。
FT4(Free T4)は血液中で遊離しており、細胞内に入って、生物学的活性を発揮します。
その比率はT4が99%、FT4が1%ほどです。
T4とFT4は薬剤(ステロイド、NSAIDs、フロセミド、フェノバルビタール、臭化カリウムなど)の影響や、非甲状腺疾患の影響を受けることがあります。

TSHは甲状腺刺激ホルモンのことです。
ネガティブフィードバックにより、甲状腺ホルモンが低下すると、それを増加させるために、TSHは上昇します。 
ただし甲状腺機能低下症の子でも、25%はTSHが上昇しないので、注意が必要です。


◯治療
レボチロキシンナトリウム(合成T4)の錠剤もしくは液剤を投与する。


◯予後

基本的には良好ですが、生涯の投薬が必要となります。
無治療もしくは治療が奏功しなければ、ごく稀に粘液水腫性昏睡という致死的な状態になることがあります。人での死亡率は15〜60%と言われています。 
症状としては、低体温や精神異常、皮膚の凹まない固い水腫などが認められます。


◯注意するポイント
甲状腺機能低下症は様々な症状があり、飼い主さんが気付かないことも多い病気です。
なので、定期的に病院に来て体重をチェックしたり、健診で甲状腺ホルモンを測定することで、早期に気付いてあげられるかもしれません。
また薬剤や非甲状腺疾患による甲状腺ホルモンの低下(ユウサイロイドシック症候群)により、甲状腺機能低下症と早とちりしてしまわないに注意が必要です。
それを防ぐためには、臨床症状、投薬、併発疾患、検査の結果などを綜合的に考える必要があります。


ダイエットしているのに痩せないなぁ、最近元気がないなぁ、皮膚病が治らないなぁ、などとお悩みの方は一度受診されることをお勧めします。 

 P1000855

獣医師 梶村

 

お正月はゆっくりしました!

こんにちは、看護師の水野です。

少し遅くなりましたが、
2018年新しい年になり
今年もよろしくお願い致します

今年は年女なので
ワンダフルに過ごせるよう
頑張っていきたいと思います!

お正月は実家に帰り
ゆっくりしたり、友人達に会い
リフレッシュができました


最近の私の趣味が編み物でして
愛犬こーたに鏡餅の被り物を作りました

\カガミモチッ

\ちゃんちゃんこも似合うでしょ


被り物は人生(犬生)初だったので
嫌がるかと思っていましたが
意外と嫌がらずに被ってくれて、母と楽しんでいました!



愛犬の散歩に行っているときに
おしっこのキレが悪いなぁと気づき
結石かな?膀胱炎かな?と思い
かかりつけの病院に電話をしましたが
お正月はやっぱり休診で
少し不安になりました。

 

\僕のおしっこ変みたい…/
IMG_3869



とりあえず様子をみて
診察している日に急いで行きました!



尿検査をしてみたら
結石はなく、膀胱炎だったので
薬を飲ませて飲み終わる頃に
再検査になりました。


やっぱり寒いと
お水をあまり飲まなくなったりするので
おしっこの疾患が多いなぁと感じます。

高齢犬なので飲水量も
きちんと見ていかないとね、と
母とも話しました

今は薬のおかげで
おしっこも順調になったと
報告を受けました。

歳を重ねると色々症状が出てきますね。

元気で長生きしてほしいですし
辛い思いはして欲しくないので
毎日のチェックが大切です。

愛犬さんたちの調子を
1番理解しているのは、飼い主様だと思います。

なので、少しでもおかしいな?と
思うときは病院に連れて来てくださいね

それが早期発見につながることもあります!



ギャラリー
  • 今年も歯を大切に!
  • 今年も歯を大切に!
  • 今年も歯を大切に!
  • 獣医師出勤表『2月』
  • 低血糖について
  • 低血糖について
  • 犬の甲状腺機能低下症について
  • 犬の甲状腺機能低下症について
  • お正月はゆっくりしました!