高栄養のドリンク新発売!



看護師の岡本です。

今日は皆さんにご紹介したい商品があります!

最近高齢のわんちゃん、高齢ねこちゃんが病院にも増えてき、
なかなか高齢になると
若い時ほど散歩も行けないですし
遊んだりもしなくなってくると思います。
さらに寝たきりになってしまったり
少し体調を崩したりで
弱ってきてしまうと食欲もあまり出ない。という子が多いなと感じます。

また若い子でも腫瘍やウイルスなどで
体調を崩し急速に体力が無くなってしまった。という子なんかに!

さらに固形やウエットfoodは食べにくい、、、という子に
とっておきの、、、


ドリンクタイプの高栄養food
が出ました!

























病気の回復期や手術後などの
栄養が必要なわんちゃんねこちゃんの
為に特別に調製された療法食(流動食)です✨

また、消化性の高い材料を使用。
カロリーを高くし栄養を多く含んでいます。





















上の写真のように
種類も5種類と豊富にあり、






































食欲不振、手術前・後、回復期に高タンパクを摂取したい子、
仔猫のためのクリティカルリキッド高栄養タイプだけでなく
 






































お腹が緩かったり下痢をしている子
高脂血症の子、膵炎になっている子には
消火器サポート(低脂肪)タイプのリキッド






































健康的な腸内細菌バランスを維持し
高消化性タンパクを使用した
消化器サポート(高栄養)タイプのリキッド




















腎臓が悪いねこちゃんわんちゃんには
リンの含有量を制限している腎臓サポートタイプのリキッドもあります!

今までの療法食に飽きて、なかなかご飯を食べてくれない子に
ご飯の上にかけて、 トッピングとしての使用も◎

経鼻カテーテルを付けているわんちゃんねこちゃんや
強制給餌をお家で行っている方にもオススメです!
液体なので給餌しやすいです✨


病院でも固形が食べにくいわんちゃんねこちゃんなどには
すり鉢などでご飯を粉状にし、缶詰などと混ぜ
ペースト状にして強制給餌を行っていましたが、
これだと始めから液体なので扱いやすいです!


しかもこのリキッドタイプには
専用のスペシャルキャップが付属で付いている為、
手を汚すことなく
シリンジにご飯を吸うことができます
強制給餌をやられた事がある方はご存知だと思いますが、
強制給餌を行う際にシリンジにご飯を詰める作業はなかなか難しく
手がベチョベチョになり、お菓子作りの後のようになります



当院では暑かった夏の間は
これを氷を作る入れ物に入れ冷凍し
リキッドを固めることにより
ぺろぺろとわんちゃんに舐めながら食べてもらったりもしていました!


・体重減が気になる
・高齢犬、高齢猫
・腫瘍やウイルスと闘っていて
   少しでも多くの栄養をあげたい。
・食べムラや食欲があまり無く、
 少量しか食べないので、高栄養のものをあげたい
・仔犬、仔猫でなかなか大きくならない

などの事で悩まれている方にオススメです
リキッドタイプは開封後、冷蔵庫で48時間日持ちしますが、

他にももっと日持ちする粉タイプで溶かして使用するものもありますので、
1度是非、ご相談ください
高齢犬などの介護などは悩まれる方が多いです。
是非よければ、病院で悩みなどお話下さい。
何かお役に立てることがあればと思います  



看護師:岡本

 



獣医師勤務表『10月』

10月の獣医師出勤日です。   

診察をご希望の際は、獣医師の出勤日を確認の上、ご来院いただきますようお願い致します。 



40


















あごニキビってなぁに?


こんにちは看護師の岡本です。

今日はニキビって、猫ちゃんにも出来るの!?

と言う質問についてお答えします


猫ちゃんにもニキビは、、、








できます!







中でもよく見かけるのはあごニキビ! 
DSCN7305

 


















この写真は顎にできたニキビの周りを
バリカンで毛を剃り、消毒をしやすくした状態です。

これは人と同じで、あご部分の毛穴に
角質や皮脂の汚れが詰まってしまった状態です!

正式には座瘡(ざそう)と言います。
ニキビが出来るなんて、人間と同じですね
 
私もびっくりしました!

はっきりとは解明されてはいませんが、
なりやすい体質の猫ちゃんがいるみたいなのでその場合は再発注意ですね!⚠️


猫ちゃんは特に不快と感じたりはしないそうですが 

ざそうに細菌や真菌が二次感染すると痒みや痛みがでて
爪で掻いてしまうとその際に傷がつき、
ますます悪化してしまう場合があります

症状としては掻いたり床に何度も顎を擦り付けたりします。
掻いているうちに毛が抜けるので脱毛している場合もあります!


また、皮脂が空気に触れて酸化すると
黒くポツポツしてき、黒ゴマのように見えることもあります。

病院ではヒドい場合は皮膚検査を行い、
特に菌などがいなければ、
動物用消毒液を使用してもらい
消毒によりニキビ部位を清潔にしてもらうよにお願いしています。
ヒドい場合は抗生剤などの注射or飲み薬を使用します

黒いプツプツはあごニキビのことが多いですが、
ノミの糞や細菌感染があった時の皮膚の状態と近い部分があるので
しっかり診察を受けましょ う






















↑ 治療前の写真です。
 炎症が起こっている場所を清潔に保つためにバリカンで毛を剃っています。



DSCN7637

↑ 2週間後の治療中の写真です。 

消毒によりこの様に
ニキビ部位が炎症も落ち着いて赤みも引いてきています。

DSCN7945




















↑ 治療終了時の写真です。
 すっかり元通りですね 
ハナノスケくん頑張ったね!



今回写真提供してくださったハナノスケくんです

DSCN7954





















お鼻の柄がチャームポイントです
診察中もとってもお利口さんです

ご協力ありがとうございました



9月に入り暑さは落ち着きましたが
お昼などはまだまだ暑く
雨が降るとムシ暑い日が続いていますね。
わんちゃんねこちゃんは
人よりも多くの毛に囲まれて
生活をしているので
ムシムシすると皮膚に炎症が起こってしまいます。


顔を見た時に少し気にかけてみてあげて下さい✨


トリミングなどで蒸れやすい部分を
この時期だけ短くカットしてあげることも◎です!




アンケート結果発表!!!

こんばんは看護師の榎本です


お待たせいたしました!!

ついにアンケート結果の発表です


アンケート内容はこちらです



それでは、結果発表です



ジャカジャカジャカ~ジャン



興味がある方20名!興味がない方0 名!




今回アンケートにご協力くださった皆様、人工酸化防止剤を使用していないナチュラルフードに興味があるということでした



 現在、たくさんのペットフードがあふれているため、
色んな状態に合わせてフード選べるようになりました
そのため、決め手を見つけてわんちゃん、ねこちゃんたちにフードを選んであげる必要があります

効果、嗜好性、フードの粒の大きさ、フードが小分けされていて保存がしやすいなど
様々な決め手があると思います

フードを選んであげるということも大切なことかもしれませんね




悩んだときはぜひご相談ください

一緒にお家のわんちゃん、ねこちゃんに合うフードを見つけましょう


最後になりましたが、アンケートにご協力くださった皆様

ありがとうございました



看護師 榎本

 

おやつ代わりの歯磨き用フード!

看護師の和泉です。


当院のブログでは『デンタルケア』についてのお話をさせていただくことが多いですが、皆さんはどんなデンタルケアをされていますか?


●歯磨き(歯ブラシや歯磨き手袋など)
●デンタルガム
●インターベリー


歯磨きが難しい子は、デンタルガムやインターベリーなどでデンタルケアをされてる方が多いと思いますが、実は『デンタルケア用のフード』があるのをご存知ですか?

それはヒルズの《t/d》というフードです。



                               〈 t/d小粒タイプ 〉

〈 t/d大粒タイプ 〉



このフードの粒は、歯垢を絡めとりやすい構造をしていて、食べながらデンタルケアをするというものです。

なので小粒タイプでも、噛んで食べることを目的としているため、大きめの粒の形状となっています。


主食のフードをこちらのフードに切り替えてもらうだけでも、デンタルケアに繋がり、歯磨き効果が得られます!

また、デンタルガムは選り好みして食べてくれない!という子にも、おやつ代わりとして与えるのもオススメです!



病院の待合室にも、お味見用でサンプルを置いておりますので、食べるかどうかを試してから、フードを買っていただくことができます(^^)


フードの規格としては、1kg・3kgがあります。
ですが、もし主食としてではなく、おやつとして与える場合はなかなか消費が大変ですよね(>_<)

そのため当院では、100g単位でのお渡しも始めました!



小型犬さんが多いので、現在は小粒タイプをご用意しておりますが、大粒タイプも今後ご用意させていただきます!

また、猫さん用もありますので、そちらも今後ご用意させていただく予定です!



「ご飯でならデンタルケアが続けられそう!」
「おやつとしてガムではないデンタルケアをしたい!」
という場合は是非一度、試してみてください!

また、病気の治療中の場合は獣医師に相談のもと、与えていいか確認させていただきますので、お気軽にスタッフまでお声がけくださいね!



看護師 和泉





ギャラリー
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 高栄養のドリンク新発売!
  • 獣医師勤務表『10月』
  • あごニキビってなぁに?
  • あごニキビってなぁに?