獣医師出勤表『6月』


6月の獣医師出勤日です。  

診察をご希望の際は、獣医師の出勤日を確認の上、ご来院いただきますようお願い致します。


54



熱中症に気をつけよう②

こんにちは、看護師の水野です。


この前の熱中症のお話の続きです。



もしも熱中症にかかってしまったら…




すぐに早く体を冷やし
水分補給することが大切です!!

涼しい場所に移動させてあげて
水が飲める状態であれば
水をたくさん飲ませてあげて下さい。

冷水で濡らしたタオルを体
(頭やわきの下、内股のつけね)に
置いてあげましょう。



また、体全体に冷水をかけるなどして
急いで体温を下げることが重要です。

この時に大事なことは
体温は下げずぎないよう
こまめに体温測定をしてあげましょう!


39℃まで下がったら冷やすのをやめて
なるべく早く病院に連れて
獣医師の診察を受けましょう。


最後になりますが
熱中症にならないためには
日頃からの生活が大切です。


どうしても、車に愛犬、愛猫を置いて
買い物や食事を行くならば
誰か1人は車に残ってあげて
冷房をつけたり
お水を飲ませてあげたり
そのくらいの配慮してあげて欲しいと思います。


もう少しで夏が来ます。
愛犬や愛猫たちが過ごしやすい環境を
作ってあげられるのは飼い主さんだけです。


人間も暑くて大変かもしれませんが、
大好きな愛犬、愛猫のために頑張りましょう!



看護師 水野

熱中症に気をつけよう①

こんにちは、看護師の水野です
5月に入り少しずつ暑くなってきました

まだ、早い話かもしれませんが
暑くなってくると
動物さんたちにとって
怖いことがあります。
それはなんでしょう?



…熱中症です!




熱中症(熱射病、日射病)に注意です!


熱中症(熱射病、日射病)とは、
蒸し暑い室内や車内でのお留守番
暑さが厳しいなかでの
散歩やお出かけなどが原因です。


急な体温の上昇により
ハァハァと口を開けて
早い呼吸(パンティング)
よだれといった症状がでて

ひどい場合には
呼吸困難や吐血、血便などを起こし、
ときに命に関わることもあります。


また、どんな子がなりやすいか
ご存知でしょうか?

⚫︎短頭種

シーズー、パグ、
ボストン・テリアなどの
短頭種の犬は、体の構造上、
スムーズな呼吸がしにくく
暑いほどさらに悪化するために
熱中症になりやすいです。

⚫︎太っている

肥満気味の動物は
心臓に負担がかかり気味です。

首のまわりの脂肪によって
気管が圧迫されて呼吸機能が低下し
呼吸による体温調節が難しくなるので
熱中症になりやすいです。


⚫︎子犬や老犬

子犬や老犬は、体の生理機能が
未発達であったり
逆に衰えていることが多かったりで
体温調節が上手くできないため
熱中症になりやすいです。



人間は熱中症があると聞きますが
動物にもあります。


次回も熱中症についての続きを
お話させていただきます。




看護師 水野

神戸の実家に帰りました!

獣医師の梶村です!
先月、神戸の実家に帰って、愛犬モコと少し長めのお散歩に行ってきました!


チューリップ畑があったのでそこで写真をパシャリ!
クンクンしてます!

2017-04-06-10-44-36

2017-04-06-10-45-08


モコとチューリップのどちらも収まるように、一人で悪戦苦闘しながら撮りました。

全体はこんな 感じでした!

2017-04-06-11-02-20


他の日には海まで歩きました!
行くまでに桜があったので、またパシャリと撮りました!

2017-04-13-13-15-29



海まで来ました!

2017-04-13-13-30-06

2017-04-13-13-30-25


 近くで船が進んでます。
 
2017-04-13-13-35-12


海風が気持ちいいです!

2017-04-13-13-37-26


モコは疲れたみたいです(笑)

2017-04-13-13-36-42


気候が良くなって来たので、今回久しぶりに少し遠くまでお散歩しました!
モコは嬉しそうに尻尾を振って歩いていました。
僕もいいリフレッシュになりました。


これから暑くなるので、長時間の散歩による熱中症には気をつけてください!


獣医師 梶村






通年予防の方が増えています!!

看護師の和泉です。


暖かくなり、春らしくなってきましたね!
たまに冷えることもありますが、ここ最近は上着がなくても過ごせる日が増えてきてますね。

暖かくなり、紫外線も気になります…。
日焼け止めを塗るのが面倒で、ついつい日傘に頼りがちなのですが、そろそろ本格的に日焼け対策をしなきゃと思う毎日です(^_^;)(笑)


4月から5月にかけてはフィラリア予防のシーズンともあって、毎日たくさんのわんちゃんやねこちゃんが来院されています。



以前から、フィラリアの通年予防をされている方がいらっしゃいますが、今年はさらに通年予防をされる方々が増えています!

近年の温暖化により、フィラリアを媒介する蚊が出始める時期が早くなっているため、通年での予防をすることでしっかりとフィラリアの感染を防いであげることができます。





また、毎月1回のフィラリア予防で同時にお腹の寄生虫(回虫、鉤虫、鞭虫など)の予防も可能です。
実際に、成犬の約10%は犬回虫に感染しているという報告があります。

鴨川を散歩しているわんちゃんの、10匹に1匹が寄生虫に感染してしまっているということになります






お散歩中に、感染しているわんちゃんの便を舐めてしまったり、踏んでしまった足を舐めてしまったりで感染してしまう可能性があります。

下痢や嘔吐につながる症状を引き起こす恐れがあるので、とても怖いです。




通年予防でわんちゃんやねこちゃんを、寄生虫からしっかり毎月守ってあげて病気を防いであげたいですね!


フィラリア症予防などの、寄生虫予防薬についてご不明なことがありましたら、お気軽にお声がけくださいね!



看護師 和泉






ギャラリー
  • 獣医師出勤表『6月』
  • 熱中症に気をつけよう②
  • 熱中症に気をつけよう②
  • 熱中症に気をつけよう①
  • 神戸の実家に帰りました!
  • 神戸の実家に帰りました!
  • 神戸の実家に帰りました!
  • 神戸の実家に帰りました!
  • 神戸の実家に帰りました!