犬の十戒・猫の十戒

こんにちは!
看護師中村です!!

私の記事は何かと考えてしまう内容だったり、暗い話が多いかと思いますがお付き合い頂けたらと思います

今回は前回の追記のようになりますが、私がサリーを飼い始めてから知ったお話になります

  • 犬の十戒

  • 猫の十戒

知っている方も多いと思います。

作者もいつ書かれたのかもわからない謎の多いお話ですが、私は新しい家族を迎えるに当たってすごく響く言葉なんじゃないかなと思いました!

当院の待合のテレビモニターにも流れていたことがあります

長くなりますが、まず是非読んでみて頂けるでしょうか


犬の十戒

第一戒:私の生涯はだいたい10 年から15 年です。あなたと別れるのは何よりもつらいのです。私と暮らし始める前に、どうか別れのことを考えておいてください。

第二戒:あなたが私に望むことを理解するまでには、少し時間がかかります。

第三戒:私にとって一番大事なことは、あなたから信頼してもらえることです。

第四戒:私のことを長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしないでください。あなたにはあなたの仕事や楽しみもあり、友達だっているでしょう。でも、私にとってはあなたがすべてなのです。

第五戒:私にちゃんと話しかけてください。あなたの話している言葉の意味はわからなくても、話しかけてくれるあなたの声はよくわかるのです。

第六戒:あなたが私にどんなふうにしてくれたか、それを私は絶対に忘れません。

第七戒:私をたたいたりする前に、私はあなたを噛んだりしていないことを思い出してください – 私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに。

第八戒:私が言うことを聞かないと怒る前に、なにか原因があるのではないかと考えてみてください。食事はちゃんとしているか、かんかん照りの日なたに置き去りにしてないか、年を取って体が弱ってきていないか、と。

第九戒:私が年を取ったら、どうか優しく世話をしてください。あなただって、年老いたら同じようにそうなるのですから。

第十戒:私が旅立つその時を安らかに迎えられるように、どうか最期まで一緒にいてください。「かわいそうで見ていられない」なんて言わないで、私を独りぼっちで逝かせたりしないでほしいのです – だって、私はあなたが大好きなんですから。


…いかがでしょうか?
いつ読んでもグッとくるものがあります

次に
猫の十戒

第一戒:私の生涯はだいたい15 年くらいしかありませんが、たまに20 年以上生きてしっぽが裂けます。ほんのわずかな時間でもあなたが離れていると腹が立ちます。私が家族になってやるので、そのことを覚悟しなさい。

第二戒:あなたが私に望むことを理解するつもりはありません。待っても無駄です。

第三戒:私を崇拝しなさい。私にとってそれが一番大事なことなのです。

第四戒:私を長い時間叱ったり、罰として閉じ込めたりしてはなりません。でも狭いところは好きなのでダンボール箱を用意するのは許可します。あなたには仕事や楽しみもあり、友達だっているかもしれませんが、私のお世話をすることに勝る悦びはないはずです。

第五戒:私に話しかけなさい。あなたの話していることが何かはどうでもいいですが、話しかけるあなたの声はわかるのです。ほめ言葉は特に。

第六戒:あなたが私にどんなふうにしてくれたか、私は決して忘れません。恨みは倍返しします。

第七戒:私をたたいたりする前に思い出しなさい。私の歯はあなたの手の骨をかみ砕くことぐらい簡単にできるのに、気が向いたときにしかかまないようにしていることを。

第八戒:私が言うことを聞かないと怒る前に、まずは自分に問い掛けてみなさい。たっぷり食事を与えてましたか? それは私の好きなシーバですか? 日なたで気持ちよく昼寝をしているのをじゃましませんでしたか? もしかすると年を取って体が弱ってきているのかもしれませんが、どのみち私がしたいことに従わないほうが悪いのですから、あきらめなさい。

第九戒:私が年をとっても世話をしなさい。あなたも同じように年をとりますが、私は年をとってもかわいいのです。

第十戒:最期の旅立ちの時には、そばにいて私を見送りなさい。「かわいそうで見ていられない」とか「私のいないところで逝かせてあげて」なんて言うのは許しません。なでなさい。なで続けなさい。かわいいね、いい子だねと言いなさい。言いまくりなさい。そうすれば私は着換えの時間を少し短くしてやってもよいです。まあ、気が向いたら。


…いかがでしょうか?
猫の十戒の方は猫らしくて少し笑ってしまうところがありますよね

うちのコービーを見ていてもそう思っているのかなと納得してしまいます笑"

IMG_0289
\俺のことか?/

FullSizeRender
\ママのことはよく見ておるぞ/


これから飼おうかなと考えていらっしゃる方も
今現在飼っていらっしゃる方も
愛されるべき存在である小さな家族のことを考えながら読んで頂けたらと思います

看護師 中村

16年間ありがとう!②

こんにちは!
看護師の中村です!

この記事を読む前に
16年間ありがとう!①
を読んで頂けたらと思います



つづき…

軟部組織肉腫の手術の前から脾臓にも小さいできものらしきものがあるのはわかっていましたが、小さいものだったので経過観察ということで毎月病院で診て頂いてました。

IMG_4273


ですが、ある診察時にエコーの前に獣医師がお腹を触ると

あれ?
ポコっとしているものがわかる

とのことで、エコーをしてみると
脾臓の腫瘍が8センチを超えていました。
尚且つ腹水も少しあると。

毎月かかさず診察に行っていたのに。。

私自身その時一緒に診察に行けなかったので、母からその話を聞きました。

手術をするかしないか
16歳という年齢を考えると麻酔だけでも怖い
腫瘍を取ったとしても寿命との競争は変わらないんじゃないか

などなど…
麻酔をかけずにできる検査をして、全身状態の確認をしてもらっている間に考えようということで、
時には母と喧嘩になりそうになりながらも話し合い、私は家を出てしまっていたので1番側で見てくれている母の意見を尊重することにしました。


出した答えは…



手術はしない。


15歳の時に手術をして入院したときのごはんも食べない、鳴きまくっていたサリーの様子を思い出すと辛い。
16歳で覚悟はしていたから、後悔はない。
残り少ない時間を思うがままに、サリーらしく大好きな家で穏やかに過ごしてほしい。

母と考えて考えて考え抜いて出した答えでした。

IMG_6391


亡くなって1ヶ月以上経った今こんな穏やかな寝顔の写真を見てやっとこの答えが間違っていなかったと思えるようになりました。

正直サリーはどう思っていたのかわかりません。
ですが亡くなる前1ヶ月弱の間、誕生日プレゼントであげた大好きなベッドの上で穏やかな優しい顔をして余生を過ごせたと思います。

IMG_6384
亡くなる2日前の写真です。

会うたびに泣いていた私が少しの間笑った瞬間の写真で、母が不思議なもんだねと言った写真です。

亡くなる前日には院長にも診てもらえてサリーも安心したのだと思います。

診にきて下さった院長、協力して下さったスタッフの皆さんには本当に心から感謝しています。

息を引き取るときには立ち会えませんでしたが、一人で旅立ったわけではなかったので本当によかったです。

IMG_6406
虹の橋を渡る直前、最後のお別れ前のサリーです。

葬儀の方もすごく親切にしてくださり、見えにくいかもしれませんがお手てに私からの手紙を挟んで下さってしっかりとサリーに挨拶ができました。

IMG_6412
サリーおかえりなさい。


ものすごく泣きました。


動物看護師としてたくさんの患者さんの命の最後を見届けさせて頂いたことがあります。

でもやっぱり
なぜ死ななきゃいけないのか。
死んでどこにいくの?

など、言葉で表せない気持ちがたくさん込み上げてきて
考えても考えても答えが出ませんでした。

今もこのブログを書いていて泣いてしまっています苦笑"


こんな日がいつかくるとわかっていましたし、覚悟もしていましたがやっぱり寂しいものですね。
悲しさよりも、サリーと会えない寂しさの方が大きいです。

でもふとした時に会えるんじゃないか、なんとなく側にずっといてるんじゃないか
そんな感覚でいます。


お葬式後母に言われた言葉があります。

私のような動物看護師が家族にいて本当にサリーは幸せだったと思う。

この言葉にすごく救われました。

私は動物看護師なのに何もできなかった。
側にいてやれなかった。
もっと何かできたんじゃないか。


そんなことばかり考えていましたが、飼い主として1番側でみてくれていた母が言ってくれたので心から嬉しかったですし、これでよかったんだと思えました

サリーが亡くなったことによって、出会った飼い主様にもいつか必ずそんな日が来る時があるけど後悔だけはしてほしくないとも思いました。

なので飼い主としての経験、動物看護師の経験をどんな形でもいいので伝えていきたいです。

サリーは
人として
動物看護師として
飼い主として
すごくたくさん育ててくれました。

何があってもいつも笑顔でいてくれました。
16年間頑張ってくれたサリーには感謝しかありません。

4A5F7C6D-6358-4237-8B29-13EF9592329A
9E1F8D59-6935-414A-9240-07B758E247F6
187D34D2-B271-4199-85AA-814853A19714
37F4ADAC-7B34-46A0-889E-A3186872F8D2
EE11DD94-755D-4719-93C9-D99E07E9A638


サリー大好き


まだ若いから関係ないと思うかもしれませんが、この記事がこれからのことを少しでも考えるきっかけになれば嬉しいです。
またサリーと同じく虹の橋を渡った大切な家族のことを思うと辛いとは思いますが、沢山の思い出を思い返して心の整理をしてみてはいかがでしょうか。


長々と読んで下さってありがとうございました!

看護師 中村

ロッキングプレートについて

獣医師の梶村です。

先月、名古屋まで骨折治療の実習に行ってきました。
この実習では模型を使って、実際に骨折を整復しました。

image1

上の写真は前肢の橈骨の横骨折です。
チタンのプレートを骨に合わせて切断し、少し曲げて、鉗子で仮固定し、ドリルで骨に穴を空けて、スクリュー(ねじ)を入れていきました。


IMG_0670

これは後肢の脛骨の斜骨折です。
先ほどの橈骨と同じ方法で、こちらはプレートを2枚使いました。

これらで使用しているプレートはロッキングプレートといいます。
従来のプレートは骨にぴったりとくっつけて、圧迫しなければいけませんでしたが、このロッキングプレートは骨に密着させなくても、骨とスクリューとプレートを一体化させることができます。(ネジ穴とスクリューががっちり噛み合う)

従来のプレートでは骨を圧迫することにより、骨の血流が阻害され、骨が細くなったり、治癒が遅くなっていましたが、ロッキングプレートでは圧迫の必要が無いので、より早く治癒します。
また固定力も従来のプレートよりも強いです。


ロッキングプレートの出現により、骨折の治癒が以前より容易になりました。
当院でもTITAN LOCKとMatrixという2種類のロッキングプレートを導入しています。

これは実際に、脛骨の骨折でMatrixを使用した症例です。
http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/17917696.html

DSCN9733

49


ただし全ての骨折に使えるわけではないので、症例毎によく考える必要があります。

2017-12-03-15-24-22

獣医師 梶村

 

モコと甥っ子

獣医師の梶村です。
今回は病気のことではなく、お正月に神戸の実家に帰った時の話です。

実家に帰った時に、甥っ子がいました。
甥っ子はモコのことが大好きで、ずっと追いかけています。
ただモコは小さい子に追いかけられるのが苦手です。 

いつものように僕がベットに座って、モコが僕の足の間で寝ていると、甥っ子がやってきました。

2018-01-15-01-51-30
おもちゃをモコに渡して、一緒に遊びたいようです。

2018-01-15-01-51-49
クンクン

2018-01-15-01-52-00
いらないみたいです。もともとモコはほとんどおもちゃで遊びません…笑

2018-01-15-01-43-40
助けて欲しいのか、モコが立ち上がってこっちにきました

2018-01-15-01-58-40
後ろ…

2018-01-15-01-44-44
!?

2018-01-15-01-45-26

2018-01-15-01-45-37
逃げます(笑)

2018-01-15-01-52-44


2018-01-15-01-47-01
追いかけてきました(笑)

2018-01-15-01-53-00

2018-01-15-01-53-17
この顔は困った顔です(笑)

すると、振り向きざまに
2018-01-15-01-53-34
!?

2018-01-15-01-53-42
また逃げます(笑)

この後、甥っ子はお父さんに連れて行かれました
 
2018-01-15-01-54-01
その後も少し、モコは警戒してました(笑)

モコちゃん、小学生以上の子はすごく大好きで、すぐにお腹を見せて喜ぶのですが、小さすぎる子はどう接していいか分からないようです。
でも吠えたり、怒ったりも全くしなかったので、いい子でした!大人やね!


子供と動物の組み合わせは、可愛くて癒されますね!
ただしその際はしっかり大人が見ていてあげましょう! 

獣医師 梶村

 

16年間ありがとう!①

こんにちは!
看護師の中村です。

長くなるので2回に分けて書かせて頂きます。

前回の記事から突然となってしまいますが…

去年の12月20日に16年間共に過ごした愛犬サリーが虹の橋を渡りました。

私が中学1年生の時に犬がほしい!と言ってペットショップに行ったことを今でも鮮明に覚えています。

昔実家は狭かったので、押入れの下の段をケージとして使っていました笑"

FullSizeRender



それでもまだまだ小さいサリーには大きな部屋でした*

若い時は車を追いかけたり
ロープで遊んだり
食欲旺盛でヤンチャな女の子

動物看護師になると決めたのもサリーのおかげで、学生の頃はよく聴診させてもらったり爪切りしたり、練習をさせてもらっていた師匠でもあります


引っ越してからはなぜかお散歩が嫌いになり、定期的に動物病院に行くのも車に乗って行かないといけませんでしたが、ヨダレだーだーのそわそわ

IMG_2503


同僚にご迷惑をおかけしていました笑"

13歳頃までは大きな病気もなく、健康にお年を召していたと思います

ただやはり人と一緒で年をとるといろいろ出てくるもので…

13歳ぐらいからクッシング(副腎皮質機能亢進症)になり、その病気のせいで膀胱炎とは亡くなるまでずっとお付き合い。。
腰の痛みが酷くなってきたので、15歳でしたがMRIを撮ったらヘルニアが見つかり
関節炎や白内障など上手いこと付き合っていましたが…

そんなあるとき母から

足にできものがあるんやけど、日に日に大きくなってきてるんよねー。

と連絡が。。

嫌な予感。

細胞の検査をすると悪そうなものだったので、手術が必要だと言われ
場所が場所なだけに断脚しないといけないかもしれないと主治医に言われました。

まさか自分の子がガン?
今、元気だしごはんも食べてるし、そこまでする必要があるのか
でもこれを残したままは後々大変
手術となると入院になるけど、サリーにとって家以外の場所で過ごすのはストレスでしかない

などなど
母とすごく話し合いました。

早く決断しないといけなかったのですが、あるのがわかっていて残しておくのも嫌、これが爆発してのちのちのケアがサリーにとってストレスになるのではないかと思い手術をお願いしました。

麻酔をかけてみると、断脚したとしても筋肉ごと腫瘍をとるのとあまり変わらないということだったので、脚は残して取れるだけ取って頂きました!!

IMG_3541
IMG_3571


麻酔の覚めもよかったので一安心。

腫瘍の病理組織検査の結果は

軟部組織肉腫

という悪性の腫瘍でしたが、転移のしにくいものだと聞いて母と取ってよかったねと結果論にはなりますが言ってました。

愛犬愛猫たちは自分ではごはんをどれにしよう、おもちゃはこれにしようとか、もちのろん手術や治療の選択ができません。

だからこそこういう選択が迫られた場合、この子ならどうしたいか
この子ならどうしたらベストなのか
一番わかっているのは家族である飼い主だと私は思っています。

先生の話を聞いて、その時は必死で頭が真っ白で言われるがままになりそうになりますし、その選択も間違いではないとも思いますが、その子のことを考えて出した答えであればどれも間違いではないのかなと私も飼い主として思いました。

治療の選択はとても難しいです。
でも知らないことは1番怖いことで、選択することさえ考えてあげることさえもできません。

治療でわからないことがあれば気軽に先生に聞いて頂きたいですし、直接聞くのが申し訳ないなどと思う方がいらっしゃるのであれば私でも誰でも話しやすい看護師に言って頂けたらと思います!!

続きは後日…

 中村

ギャラリー
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • 獣医師出勤表『3月』
  • 滑りはキケン!!
  • 滑りはキケン!!
  • \犬名なるほど/