獣医師の梶村です。


今回は骨折の手術を説明します。
2歳の猫ちゃんが高いところからの着地に失敗して、右後肢を引きずっているとのことで来られました。


右後肢を触ると嫌がったので、レントゲンを撮ってみると…



34



右後肢の脛骨の遠位、腓骨の近位で骨折していました。
斜めに割れる、斜骨折です。


飼い主さんとの相談で、手術を実施することとなりました。



以下、手術画像あり。閲覧注意。







骨折には閉鎖骨折と開放骨折があります。
骨が皮膚を突き破って、外の空気に触れている場合を開放骨折と言います。
開放骨折では感染症の合併を非常に注意しなければなりませんが、今回は閉鎖骨折だったので、まだ良かったです。


切皮していきます。

DSCN9697




脛骨の斜骨折です。
かなり尖っています。
放置しておくと、皮膚に穴を開ける可能性がありました。

58


DSCN9701




まず骨折面を合わせます。

DSCN9705

DSCN9706



合わせて、骨把持鉗子で固定します。

DSCN9704



ここにMatrixという、チタン製のロッキングプレートを合わせます。

DSCN9709

プレートは骨の形に合わせて少し曲げています。

DSCN9710


ドリルで穴を空けます。

DSCN9712


スクリューを入れます。
このスクリューは骨折面に対して垂直に入れることで、骨同士を圧迫します。(ラグスクリュー)


DSCN9714


他の場所にもスクリューを入れていきます。

DSCN9720

DSCN9723

DSCN9727




最終的にこのように固定できました。

DSCN9733

DSCN9734



後は縫合して終了です。

DSCN9735

DSCN9738



術後のレントゲンです。

49


38



骨折面はしっかり合わさっています。
後は包帯を巻いて、安静にしてもらい、癒合を待ちます。


この猫ちゃんは数日入院した後、無事退院しました!
もちろん家に帰ってもできるだけ安静です!
猫ちゃんと言えども、高い所からのジャンプには注意しましょう。



獣医師 梶村