2016年03月

愛犬に会いに帰りました。

こんにちは!
題名の通り少し静岡に少しの間
帰っていました!

実家のわんちゃんに会いたくて
寂しかったので会いに帰りました!


3月2日で13歳になりました
この歳になると1日1日
大切なんだと本当に実感します。



何が起きてもおかしくない歳なので
健康診断に行ってきました!

尿検査
お腹、心臓の超音波検査
血液検査
フィラリア検査

結果は考えさせられるものが
ありましたが、病院に行き
本当によかったと思いました。

この子の調子がどうか
数値を見て超音波検査の結果を聞いて
今後どうしようか考えました。

長生きしてほしい。
病気にはなってほしくない。
どの飼い主さんも
思っていることだと思います。

その為には1年に1回の
健康診断が大切です。

私は愛犬が大好きです。
愛犬のためならできることは
したいと思っています。

飼い主さんたちにも
わんちゃん、ねこちゃん
うさぎちゃんなどの動物さんたちと
素敵な時間、幸せな時間を
共に過ごしてほしいから
病院にお気軽に来て
相談や検査など来てくださいね(*´ω`*)


おまけ

祖母も柴犬を飼っています。
トリミングしてあげました。
トリミングでの鬱憤を晴らすかのように
ドッグランで爆走でした。笑

看護師 水野

獣医師体験

獣医師の梶村です。
3/13に行われた5周年感謝祭、無事終わりました。
来てくれた皆さん、ありがとうございます。

僕は感謝祭のイベントの一つである、獣医師体験を担当させてもらいました。
子供達には愛犬のモコの聴診、耳の中のチェック、レントゲンを一緒に勉強、体験してもらいました。



























































子供達も興味津々に聞いていたので、いい経験になったと思います。
今回の体験でこれから動物を飼おうと思っている子、現在飼っている子、将来獣医師になりたい子の刺激になっていたら嬉しいです。
ちなみに獣医師になるには、獣医学科のある大学(全国で16校)に入って6年間勉強した後、国家試験に合格することで免許を貰えます。
この仕事はやりがいもありますが、責任重大で辛いことも多くあります。
それでも今回体験してもらった子供達の中から、将来同じ獣医師になってくれる子がいたら嬉しいです。

体験会の最後にはみんなで集合写真を撮りました。





















 































モコも疲れたのか、家に帰って爆睡してました。
 





















これからも、かもがわ動物クリニックをよろしくお願いします。

獣医師  梶村

まーるいくらいがかわいいもん!


こんにちは
看護師の岡本です。

3月末に入りそろそろ春になりそうですが
まだまだ朝晩は少し肌寒いですね。
寒いとついつい、温かい食べ物を
たくさん食べてしまいます
お恥ずかしいですが、スタッフの中でも
お腹周りのお肉が気になると話しています   …笑。

これは人の話ですがわんちゃんねこちゃんでも肥満はあります。
よく、まーるいくらいがかわいい!
っとゆう声を聞きますが、、、

実は肥満がカラダに大きな負担をかけていることを知っていますか
一緒に過ごす家族と健康に長生きしませんか?
と言うことで、今日は!
わんちゃんねこちゃんの肥満についてお話します


肥満はカラダに

骨、関節や靭帯の障害
心臓の疾患、腫瘍
糖尿病
抵抗力の低下
皮膚病

などの負担をかけていると言われています!
さらに歳をとったり病気になった場合にわんちゃんねこちゃんにとって
肥満がさらなる負担になることが多いです


肥満は…

過食や運動量の減少
避妊・去勢手術後
年齢などによる原因が多いです!

お家のわんちゃんねこちゃんの体型チェックを簡単にできるものを
新しく待合に設置しましたので
またご来院の際に良かったら体験してみてください 








































体験型の体型チェック表です。
是非、実際に体験して
お家のわんちゃんねこちゃんの身体と比べてみてください



お家で出来ること
目標体重の食事量を与える
おやつを控える
適度な運動を心がける
体重を定期的に記録する

目標体重の量をあげても
代謝がわんちゃんねこちゃんでそれぞれ違うため
なかなか痩せない場合もあります!
そんな場合は是非、病院にご相談ください

当院にはオススメの高繊維で低カロリーなごはんもおいています!
また体重管理の為、体重を測りに当院に毎月来てくださる方もおられます!
お家の体重計では難しい場合お気軽に当院へご来院ください*(^o^)/*

同時にわんちゃんねこちゃんが病院に
慣れることもでき、
さらに定期的なご来院は
病気の早期発見にも繋がります。

春から体重チェック始めてみませんか?

看護師 岡本

そんなにトイレに行って、どうしたの?

こんにちは、看護師の和泉です。
だんだんと暖かい日も出てきて、少しずつ春が近づいてきているのが実感できますね。
ですがまだまだ寒い日もあり、皆さん寒暖差などで体調は崩されていませんか?
季節の変わり目なので、風邪などには気をつけていきたいですね!!


さて先日、獣医師の梶村が尿検査の大切さについて、看護師の岡本が採尿方法について書いていましたが、日々の尿の色や回数などはわんちゃん、ねこちゃんにとってとても重要です。

冬などの寒い日はお水を飲む量、おしっこの量や回数が減ったりすることがあります。
実は、おしっこの色の変化、量や回数の変化は、身体から出ているサインなんです。 



このような症状は、皆さんのわんちゃん、ねこちゃんにはありませんか?

1.おしっこの回数がいつもより多い
2.おしっこのポーズをしているのに出ていない、または、少ししかおしっこが出ていない
3.何度もトイレに行ったり来たりする
4.トイレにずっとこもっている
5.トイレとは違う場所におしっこをする
6.うめき声鳴きながらおしっこをする
7.おしっこにが混ざってる


もしかしてそれは"膀胱炎"かもしれません!!


よく寒くなると飲水量が減り、膀胱炎や尿閉塞(おしっこが出なくなること)を耳にします。
膀胱炎や尿閉塞に気づかず、おしっこが出なくなると、とても怖い病気に繋がります。



おしっこが出ない時間が続くと、急性腎不全、さらに進行すると尿毒症などの病気に繋がります。
症状が進行すると、食欲不振や元気消失、嘔吐などを伴い、最悪の場合は死に至ってしまうことも…
おしっこが出ていないことは、とても緊急性のある事なんです。


こうしたことからも日々のおしっこの変化は、とても重要なんです。
毎日そばにいる飼い主さまだからこそ、早期に発見できることですので、是非お家のわんちゃん、ねこちゃんのおしっこの状態をチェックしてみてくださいね!



病院での尿の検査は、10〜15分程度で結果がわかりますので、少しでも気になることがあれば、お気軽に当院のスタッフにご相談ください!


ちなみに、私も普通の人よりもトイレが遠く、膀胱炎を発症してしまったことがあり、何度か再発したこともあります!!(苦笑)
生まれて初めて、血尿を経験しました…
とーってもしんどくて、排尿も痛くて大変です…
わんちゃんやねこちゃんには、このような思いをしてほしくありません…


意外と気づかないおしっこの病気は、症状が出る前に是非、尿の検査をして早期発見・予防につなげていきましょうね!


看護師 和泉





院長不在のお知らせ



3月26日(土)午後3月27日(日)は、日本臨床獣医学フォーラム 京都地区大会への参加により院長 萩森が不在のため、獣医師 梶村のみの診察となります。

ご迷惑をおかけ致しますが、よろしくお願い致します。

ギャラリー
  • 獣医師勤務表『4月』《改訂版》
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • はじまりました!
  • 大事な印
  • 大事な印
  • 日本獣医再生医療学会に参加して(少し面白くない内容かもしれません))