看護師の和泉です。

少し遅くなってしまいましたが、明けましておめでとうございます!
気づけばもう平成も30年…。
時が経つのが早すぎて、ついていけないですが…(>_<)
今年もかもがわ動物クリニックスタッフ一同、みなさまのわんちゃん・ねこちゃんにやさしい診察・治療ができるように頑張って参りますので、よろしくお願い致します!





最近、椎間板ヘルニア疑いで、来院されるわんちゃんがおられました。



以前に獣医師の梶村先生がブログで「
進行性脊髄軟化症」のことをお話していましたが、この病気は無治療だと1週間程で命を落としてしまう病気です


椎間板ヘルニアを発症し、脊髄の障害が進行して壊死してしまうことで、最終的には延髄という神経も障害を受けて呼吸困難になり、命を落としてしまいます



椎間板ヘルニアで命を落としてしまうの?と思われるかもしれませんが、椎間板ヘルニアは状態が酷いと、命に関わる程とても怖い病気なんです。



椎間板ヘルニアの後発犬種は、ダックスフンドさんが有名ですが、その他にもフレンチブルドッグさんや、パグさんなどの幅広い犬種で起こりうる病気です。



  
dog_dachshund_choumou




年末年始で、フレンチブルドッグさんやパグさんで、「後肢をひきずる」「座り方がおかしい」といった理由で、当院にご来院された子がいました。
レントゲン検査や神経学的検査を実施し、精密検査で神経病センターにてMRIを撮る形となりました。
 



お家のわんちゃんに、このような症状がみられたら、要注意です!



□後肢を引きずる(歩き方がおかしい
□後肢の甲の部分が地面につくことがある
□後肢が麻痺している(立ち上がれない
座り方がおかしい
□運動を嫌がる(歩きたがらない
□腰や後肢に痛みがある(触ると嫌がる・怒る



inu_ashi_yowaru





首から下や前肢の痛みや麻痺は、頸椎・胸椎付近のヘルニアの可能性もあります。



pet_byouki_dog




高いところ(ベッドやソファーなど)から飛び降りたり、過度な運動は腰に負担をかけ、椎間板ヘルニアを発症するリスクが高まります。



少しでもお家のわんちゃんに、変わった症状がみられたら、すぐに当院までご来院ください!



看護師 和泉