獣医師の梶村です。

今回は低血糖について説明します。
低血糖とは何らかの原因により血糖値が低下した状態のことで、様々な症状が現れます。

illustrain05-etoinu05


◯症状
低血糖が重度になるにつれ、活動性の低下、性格の変化、震え、ふらつき、失禁、嘔吐、下痢、痙攣、昏睡、頻脈、低体温などが認められます。

◯原因

インスリン過剰投与
インスリノーマ
アジソン病
肝不全
重度の飢餓
若齢性の低血糖
激しい運動
悪性腫瘍
敗血症
キシリトール中毒
エタノール中毒

などで低血糖が起こります。 


インスリン過剰投与は糖尿病の治療中によく起こります。
インスリノーマは膵臓の腫瘍で、ほとんどが悪性です。
アジソン病は副腎皮質ホルモンが不足する病気です。
肝不全は門脈体循環シャントなど様々な原因により起こります。
一部の悪性腫瘍ではインスリン様の液性因子を分泌することにより、低血糖を引き起こします。
敗血症とは、感染症により重篤な全身性反応が起こることです。
 

◯検査
原因を探すため

血液検査
レントゲン検査
エコー検査
ホルモン検査(ACTH刺激試験) 

などを行います。


◯緊急治療
自宅ではガムシロップや砂糖水を口から与えてください。
病院では血管に直接、グルコースを投与します。

◯予後
原因疾患やそれのコントロール次第です。
重度の低血糖が長時間続いた場合、脳に障害が起こる可能性があります。

◯気をつけるポイント
血糖値の低下により、徐々に重篤な症状が出てきます。
上記の症状が出始めたら、すぐに病院に連れていくか、それが無理なら食事、砂糖水、ガムシロップを与えてください。
もちろんその後は病院に来て、低血糖であれば原因を探す必要があります。
命に関わる事なので、その場限りで終わらないようにしましょう。 

image


獣医師 梶村