手術

子宮蓄膿症の治療選択

獣医師の梶村です。

子宮蓄膿症とは、子宮内に貯留した細菌が産生する内毒素(エンドトキシン)によって、重篤な症状を示す疾患です。 

一般的な治療としては、外科的に卵巣子宮全摘出術が行われます。
 しかしそれ以外にも、ホルモン剤を使用して、子宮内の膿を排出させる治療もあります。

ホルモン剤は複数あるのですが、当院で使用しているホルモン剤はアリジンというものです。

image 
アリジンの効果としては、プロジェステロンの作用を一時的に抑制することで、黄体期から脱して、細菌の増殖を抑制し、子宮頚管を弛緩させることにより、排膿を促進します。

この薬の良いところは、今までのホルモン剤とは違い、副作用がほとんど無いことです。 
また子宮平滑筋の収縮作用が無いので、膿が外に出ない閉鎖性の子宮蓄尿症にも安全に使えます。

ただし注意しなければいけないことは次回の発情以降に再発する可能性が十分にあることです。 
これは一時的には膿を出させますが、卵巣子宮自体は残っているために、次回の発情後に同じような状況になるためです。
またアリジンは日本では市販されていないため、置いていない病院も多いです。

今回はこのアリジンを使用したワンちゃんを紹介します。

IMG_3469

チワワのバニラちゃんです。
陰部からの排膿(顕微鏡で過剰な細菌が認められた)があり、腹部エコー検査、血液検査より子宮蓄膿症と診断しました。

BlogPaint


また乳腺の腫瘤も複数認められました。 

本来ならこの時点で、卵巣子宮全摘出術と乳腺腫瘤の切除を行うところですが、バニラちゃんが貧血を起こしていたことと、乳腺が棒状に腫れていて炎症性乳癌(悪性度が非常に高く、外科は不適応)の可能性があったので、まずはアリジンを使用して、注意深く観察し、排液して子宮が小さくなれば手術することにしました。

結果的には、子宮内の液体が減り、貧血は改善し、乳腺の腫れも無くなり、状態も良好な中で卵巣子宮摘出術と乳腺腫瘤の摘出ができました。

DSCN8232


これからは今回のように、子宮蓄膿症でも緊急に手術するだけでなく、内科で状態を上げつつ、手術することも考えていいと思います。(もちろんそんな悠長に待てない子は別ですが)
それを可能にするのがアリジンです。
また様々な理由で麻酔をかけられない子にも有効です。
ただし、効果が無いかもしれないということと、次の発情後以降に再発する可能性が十分にあるということは理解しておかなければいけません。 

2017-12-14-10-56-39

獣医師 梶村

 

麻酔のリスク!?

獣医師の梶村です。
今回は麻酔のリスクについて説明します。 


麻酔のリスクで当然一番に考えなければいけないことは、麻酔関連による死亡のリスクのことです。


去勢手術、避妊手術、歯石除去、骨折手術、内臓摘出手術など…
これらは全て全身麻酔を必要とします。
しかし若くて健康な子と腫瘍などにより全身状態が悪い子ではその麻酔のリスクは大きく変わってきます。


そこで私たちは麻酔の前にその子の状態を客観的にステージ分類します。
ステージ分類はASA分類(American Society of Anesthesiologists )に基づき考えます。


06


具体的に説明すると、
クラス Ⅰ は去勢、避妊手術など
クラス Ⅱ は皮膚腫瘍、膝蓋骨脱臼など
クラス Ⅲ は肺炎、心雑音、貧血、発熱、脱水など
クラス Ⅳ は心不全、腎不全、肝不全など
クラス Ⅴ は多臓器不全、重度の出血、ショックなど
です。

これらに基づき、麻酔のリスクを考えます。
ちなみにイギリスの報告では、
クラス Ⅰ〜Ⅲの死亡率は、犬で 0.05% 、猫で 0.11% 、ウサギで 0.73% 
クラスⅢ〜Ⅴの死亡率は、犬で 1.33% 、猫で 1.40%、 ウサギで 7.37%
でした。

数字で見ても、明らかにリスクが違うことがわかります。

よって麻酔の前には身体検査、血液検査、画像検査などで、できる限り患者の状態を把握し、飼い主さんと話し合わなければなりません。



ちなみに麻酔関連の死亡原因として多いのは、心血管系、呼吸器系の合併症です。
またタイミングとして多いのは術後が一番多いです。
なので私たちは、手術の後は特に注意して見ています。


また当院では、最新で高性能の麻酔器を使用していますので、より安全に麻酔管理ができます。
http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/6766492.html



今回は麻酔のリスクについて説明しました。
麻酔を必要以上に恐れる必要はありませんが、100%安全な麻酔は無いので、楽観的に考えずにしっかり向き合いましょう。


獣医師 梶村

 

大きくなりました!

獣医師の梶村です。
今日は帝王切開で生まれてから、大きくなって初めてのワクチンに来た子犬達を紹介します。


お母さんは以前の記事で紹介したルルちゃんです。
http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/17917661.html



5匹の胎児を妊娠していました。
46

29

レントゲンでは胎児達の頭蓋骨と背骨が確認できます。



ルルちゃん予定日を過ぎても出産しなかったので、当院にてホルモン注射をしましたが、それでも産まなかったため、その日に帝王切開を実施しました。



4匹は問題無く取り出せましたが、1匹だけヘソから脱腸していました。

DSCN9187

腸を戻していきます。

DSCN9188


なんとか腸を戻して、縫合しました。


そして手術は終わり、5匹全員が無事に生まれました。

2017-04-28-16-26-26

2017-04-28-17-13-06


脱腸していた子は初乳を飲む力が弱く、他の子達に押しのけられていたので、補助してあげました。
腸は戻しましたが、数日で亡くなる可能性も高かったです。






しかし無事に育ってくれて、8週間後初めてのワクチンに来てくれました!



2017-06-24-11-34-49



2017-06-24-11-49-34




2017-06-24-12-06-43




2017-06-24-12-08-40




脱腸していた子です!
2017-06-24-12-23-45





みんな元気に大きくなっていました!
感慨深いですね。


獣医師としては、繁殖を考えていない人には、やはり去勢や避妊手術を勧めています。
しかし少しでも悩んでいるのであれば、相談してください。
大変ですが、愛犬の出産、子犬の成長を見守るのはかけがえのない経験になると思います。


獣医師 梶村



脛骨骨折整復手術を実施しました。

獣医師の梶村です。


今回は骨折の手術を説明します。
2歳の猫ちゃんが高いところからの着地に失敗して、右後肢を引きずっているとのことで来られました。


右後肢を触ると嫌がったので、レントゲンを撮ってみると…



34



右後肢の脛骨の遠位、腓骨の近位で骨折していました。
斜めに割れる、斜骨折です。


飼い主さんとの相談で、手術を実施することとなりました。



以下、手術画像あり。閲覧注意。







骨折には閉鎖骨折と開放骨折があります。
骨が皮膚を突き破って、外の空気に触れている場合を開放骨折と言います。
開放骨折では感染症の合併を非常に注意しなければなりませんが、今回は閉鎖骨折だったので、まだ良かったです。


切皮していきます。

DSCN9697




脛骨の斜骨折です。
かなり尖っています。
放置しておくと、皮膚に穴を開ける可能性がありました。

58


DSCN9701




まず骨折面を合わせます。

DSCN9705

DSCN9706



合わせて、骨把持鉗子で固定します。

DSCN9704



ここにMatrixという、チタン製のロッキングプレートを合わせます。

DSCN9709

プレートは骨の形に合わせて少し曲げています。

DSCN9710


ドリルで穴を空けます。

DSCN9712


スクリューを入れます。
このスクリューは骨折面に対して垂直に入れることで、骨同士を圧迫します。(ラグスクリュー)


DSCN9714


他の場所にもスクリューを入れていきます。

DSCN9720

DSCN9723

DSCN9727




最終的にこのように固定できました。

DSCN9733

DSCN9734



後は縫合して終了です。

DSCN9735

DSCN9738



術後のレントゲンです。

49


38



骨折面はしっかり合わさっています。
後は包帯を巻いて、安静にしてもらい、癒合を待ちます。


この猫ちゃんは数日入院した後、無事退院しました!
もちろん家に帰ってもできるだけ安静です!
猫ちゃんと言えども、高い所からのジャンプには注意しましょう。



獣医師 梶村


 

お腹がパンパンです…(閲覧注意)

獣医師の梶村です。


これはあるワンちゃんの胃の中に入っていたものです。
DSCN9645



今回は誤食により、手術を実施したワンちゃんを紹介します。

7歳のルルちゃんです。
一ヶ月前に帝王切開して、5匹の仔犬の母親になったところです。

image



ルルちゃん、お留守番している間にお芋のお菓子とその他諸々を大量に食べてしまい、嘔吐を繰り返していました。
いつも元気なルルちゃんも、さすがにぐったりしていました。


これがお芋のお菓子です。脱酸素剤も入っています。
26



触っただけでお腹はパンパンで、レントゲンを撮ってみるとこんな感じでした。

06

54

青い線で示した部分が胃です。
かなり拡張しています。
白く映っているものは…

09

脱酸素剤でした。


血液検査では重度の膵炎にもなっていました。


先月帝王切開したばかりなので、できればお腹を開けずに便として出てくれればよかったのですが、1日経ってもレントゲンではほとんど胃の拡張は変わらなかったので、胃切開を行いました。


以下手術の画像があるので、苦手な人は注意してください。







お腹を開けてみると…

DSCN9625

DSCN9628

レントゲン通り、胃がパンパンです。


胃切開します。

DSCN9629

DSCN9631

溢れんばかりの芋のお菓子です。



芋のお菓子を少しずつ取り出します。

DSCN9633



脱酸素剤も取り出しました。

DSCN9636



取り出したものすべてです。

DSCN9645
 
かなりの量です!
これを見ると、やはりお腹を開けなければ危なかったですね!


閉腹です。
今回は胃がかなり拡張していたため、上から下まで広く開ける必要がありました。

DSCN9653


体重は術前が8.5kgで、術後が7.8kgでした。
胃の中に700gも入っていたのです!
術後はすぐに元気も出てきました。
やはりお腹がパンパン過ぎて、しんどかったのでしょうね。

2017-06-16-18-30-19


2017-06-16-18-29-48


ルルちゃん元気になって良かったね!



ワンちゃん、ネコちゃんの行動を完全に予測するのは困難です。
なので食べ物や紐などの異物は、勝手に口に入れないように徹底的に管理しておく必要があります。 
また一度誤食した子は高確率で繰り返す可能性があるので、 注意しましょう!


獣医師 梶村

 
ギャラリー
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • 獣医師出勤表『3月』
  • 滑りはキケン!!
  • 滑りはキケン!!
  • \犬名なるほど/