高齢

16年間ありがとう!②

こんにちは!
看護師の中村です!

この記事を読む前に
16年間ありがとう!①
を読んで頂けたらと思います



つづき…

軟部組織肉腫の手術の前から脾臓にも小さいできものらしきものがあるのはわかっていましたが、小さいものだったので経過観察ということで毎月病院で診て頂いてました。

IMG_4273


ですが、ある診察時にエコーの前に獣医師がお腹を触ると

あれ?
ポコっとしているものがわかる

とのことで、エコーをしてみると
脾臓の腫瘍が8センチを超えていました。
尚且つ腹水も少しあると。

毎月かかさず診察に行っていたのに。。

私自身その時一緒に診察に行けなかったので、母からその話を聞きました。

手術をするかしないか
16歳という年齢を考えると麻酔だけでも怖い
腫瘍を取ったとしても寿命との競争は変わらないんじゃないか

などなど…
麻酔をかけずにできる検査をして、全身状態の確認をしてもらっている間に考えようということで、
時には母と喧嘩になりそうになりながらも話し合い、私は家を出てしまっていたので1番側で見てくれている母の意見を尊重することにしました。


出した答えは…



手術はしない。


15歳の時に手術をして入院したときのごはんも食べない、鳴きまくっていたサリーの様子を思い出すと辛い。
16歳で覚悟はしていたから、後悔はない。
残り少ない時間を思うがままに、サリーらしく大好きな家で穏やかに過ごしてほしい。

母と考えて考えて考え抜いて出した答えでした。

IMG_6391


亡くなって1ヶ月以上経った今こんな穏やかな寝顔の写真を見てやっとこの答えが間違っていなかったと思えるようになりました。

正直サリーはどう思っていたのかわかりません。
ですが亡くなる前1ヶ月弱の間、誕生日プレゼントであげた大好きなベッドの上で穏やかな優しい顔をして余生を過ごせたと思います。

IMG_6384
亡くなる2日前の写真です。

会うたびに泣いていた私が少しの間笑った瞬間の写真で、母が不思議なもんだねと言った写真です。

亡くなる前日には院長にも診てもらえてサリーも安心したのだと思います。

診にきて下さった院長、協力して下さったスタッフの皆さんには本当に心から感謝しています。

息を引き取るときには立ち会えませんでしたが、一人で旅立ったわけではなかったので本当によかったです。

IMG_6406
虹の橋を渡る直前、最後のお別れ前のサリーです。

葬儀の方もすごく親切にしてくださり、見えにくいかもしれませんがお手てに私からの手紙を挟んで下さってしっかりとサリーに挨拶ができました。

IMG_6412
サリーおかえりなさい。


ものすごく泣きました。


動物看護師としてたくさんの患者さんの命の最後を見届けさせて頂いたことがあります。

でもやっぱり
なぜ死ななきゃいけないのか。
死んでどこにいくの?

など、言葉で表せない気持ちがたくさん込み上げてきて
考えても考えても答えが出ませんでした。

今もこのブログを書いていて泣いてしまっています苦笑"


こんな日がいつかくるとわかっていましたし、覚悟もしていましたがやっぱり寂しいものですね。
悲しさよりも、サリーと会えない寂しさの方が大きいです。

でもふとした時に会えるんじゃないか、なんとなく側にずっといてるんじゃないか
そんな感覚でいます。


お葬式後母に言われた言葉があります。

私のような動物看護師が家族にいて本当にサリーは幸せだったと思う。

この言葉にすごく救われました。

私は動物看護師なのに何もできなかった。
側にいてやれなかった。
もっと何かできたんじゃないか。


そんなことばかり考えていましたが、飼い主として1番側でみてくれていた母が言ってくれたので心から嬉しかったですし、これでよかったんだと思えました

サリーが亡くなったことによって、出会った飼い主様にもいつか必ずそんな日が来る時があるけど後悔だけはしてほしくないとも思いました。

なので飼い主としての経験、動物看護師の経験をどんな形でもいいので伝えていきたいです。

サリーは
人として
動物看護師として
飼い主として
すごくたくさん育ててくれました。

何があってもいつも笑顔でいてくれました。
16年間頑張ってくれたサリーには感謝しかありません。

4A5F7C6D-6358-4237-8B29-13EF9592329A
9E1F8D59-6935-414A-9240-07B758E247F6
187D34D2-B271-4199-85AA-814853A19714
37F4ADAC-7B34-46A0-889E-A3186872F8D2
EE11DD94-755D-4719-93C9-D99E07E9A638


サリー大好き


まだ若いから関係ないと思うかもしれませんが、この記事がこれからのことを少しでも考えるきっかけになれば嬉しいです。
またサリーと同じく虹の橋を渡った大切な家族のことを思うと辛いとは思いますが、沢山の思い出を思い返して心の整理をしてみてはいかがでしょうか。


長々と読んで下さってありがとうございました!

看護師 中村

マナーウェア試してみませんか?

看護師中村です!

先日ユニ・チャームさん主催のセミナーに参加してきました


内容はか「介護」に関してのことで、老化していくことに関してや、今現在どれぐらいのわんちゃんが介護が必要なのか、さらにどのような介護グッズを使えば良いのかなど、短時間でしたが内容の濃いものとなりました


「介護」と聞くと、うちの子は若いからまだ大丈夫、うちの子に限って大丈夫。など…思いたいですし、思いがちになりますが、若いうちから・今から始められることがあります

それがマナーウェアです!!

ご存知の方もおられるかと思いますが、基本的にはトイレ以外のところで尿をしてしまったときのことを思って装着するものですが、
いずれオムツが必要になるときが来ると思って若いうちからマナーウェアを着ける事に慣れていれば、オムツを始めたとしてもストレス少なく始められるのではないかということでマナーウェアの装着をオススメしています。

慣れないうちは嫌がって取ろうとすることがあるかもしれないので、その時は誤食しないように気をつけて徐々に慣れさせていきましょう!

それと尿をした後、長時間装着していると蒸れて皮膚に悪影響を及ぼす場合があるので、尿をしたあとはすぐに替えたり、長時間つけっぱなしにしないようにしましょう


ユニ・チャームさんの商品は3SからLまでサイズ展開がありますが、サイズは表記通りの体重や犬種を参考にしながら、できればウエスト周りを測るとなおジャストフィットするということなので、ご購入の際はできるだけウエスト周りを測るようにしましょう!

※こちらは男の子用のサイズ表記です。


オムツと違って短時間使用を目的とし、男の子用は特に尿のみのカバーとなるのでオムツとマナーウェアの違いに注意して使うようにして下さい

使ってみたいという方はお気軽に相談して下さい

看護師 中村

平成29年度 長寿犬認定!!

こんにちは!看護師中村です!

9月20日から26日まで動物愛護週間でしたが、みなさんご存知でしたか?

その最中、9月23日に京都動物愛護フェスティバルが岡崎公園であり、満15歳以上のわんちゃんが長寿犬認定され表彰されました



表彰された方もいらっしゃったのではないでしょうか


私の実家にいるサリーも脾臓に大きな腫瘍という爆弾を抱えながらもなんとか16歳を迎え、表彰してもらえました


このような立派な認定書

缶バッチも

スクリーンにもしっかりと写真が流れてました

サリーも一緒に行きたかったのはやまやまでしたが、サリーおばあちゃんは外に出ると疲れてしまうので母と2人で愛護フェスティバルに行きました


たくさんの人々とわんちゃんが来られ、いろいろなブースもあり凄く楽しめました!




サリーもこの日を迎えられるかなぁ…どうかなぁ…と母と言ってましたが、無事迎えられ記念すべき良い日になったと共に、長生き出来ていることに感謝の気持ちでいっぱいになりました。


中学生の時からずーーーっと共に過ごしてきて、サリーがいることが当たり前になっていましたが、それは当たり前ではないということを改めて感じましたし、サリーの今後について母とたくさん話ができた充実した1日でした


サリーはこれからどれくらい生きれるか誰にもわかりません。

ただ、その中でも良い老後を過ごしてもらえるようにサリーならどうしてほしいかな?サリーなら…とサリーのことを第1に考えて、飼い主としてできることはしていきたいと思っています*

介護が必要とされている方や、シニア期に入っている方、まだまだ若いけど今後のことに不安を抱えている方など、何でもご相談頂けたらと思います

愛されるべき家族のことを一緒に考えていきましょう

中村

うちの子、老化かなぁ…?

看護師の和泉です。


朝晩と寒くなってきて、季節はすっかり秋になってしまいました。

体調を崩しやすい時期なので、わんちゃん猫ちゃんだけでなく、私達人間も気をつけなければならないですね(´・_・`)
私は寝相がよくないので、寝冷えに気をつけたいところです(笑)

先月あたりに風邪を引いたのですが、歳を重ねたせいか、免疫力の低下?で治るのが遅くなったように感じました
咳でのどや気管支がやられてしまい、一週間程声がおかしかったです(^^;





わんちゃんや猫ちゃんも医療の発達で平均寿命も延び、高齢になるまで
長い間時間を一緒に過ごせるようになりました。


それに伴い、「老化(加齢による行動の変化)」というものも出てきます。


加齢に伴う脳へのダメージは、さまざまな機能低下をもたらすと言われていますが、初期の段階でその兆候を見つけて対処することで、行動の異常の軽減や進行を遅らせることができる可能性があります。





こういった症状ありませんか?

□家の中で排便・排尿をし汚してしまう
散歩に行きたがらなくなった
□家族を喜んで迎えなくなった
□注意を引こうとしたり、すねたりしなくなった
家族や場所がわからなくなった
□言葉をかけても反応しなくなった
日中よく寝ていて、夜中に寝なくなった
□家の中や庭などで迷うようになった
歩き回っていたり、歩き方が遅くなった
□宙や壁をじっと見つめていることがある
□キョロキョロ、そわそわするなど急に不安なしぐさをすることがある



わんちゃんでは日本犬系に、行動変化や認知症の症状が多く見られる傾向にあります。


認知症の症状を軽減する、サプリメントなどもありますので、このような症状が見られたら、一度獣医師までご相談ください。





高栄養のドリンク新発売!



看護師の岡本です。

今日は皆さんにご紹介したい商品があります!

最近高齢のわんちゃん、高齢ねこちゃんが病院にも増えてき、
なかなか高齢になると
若い時ほど散歩も行けないですし
遊んだりもしなくなってくると思います。
さらに寝たきりになってしまったり
少し体調を崩したりで
弱ってきてしまうと食欲もあまり出ない。という子が多いなと感じます。

また若い子でも腫瘍やウイルスなどで
体調を崩し急速に体力が無くなってしまった。という子なんかに!

さらに固形やウエットfoodは食べにくい、、、という子に
とっておきの、、、


ドリンクタイプの高栄養food
が出ました!

























病気の回復期や手術後などの
栄養が必要なわんちゃんねこちゃんの
為に特別に調製された療法食(流動食)です✨

また、消化性の高い材料を使用。
カロリーを高くし栄養を多く含んでいます。





















上の写真のように
種類も5種類と豊富にあり、






































食欲不振、手術前・後、回復期に高タンパクを摂取したい子、
仔猫のためのクリティカルリキッド高栄養タイプだけでなく
 






































お腹が緩かったり下痢をしている子
高脂血症の子、膵炎になっている子には
消火器サポート(低脂肪)タイプのリキッド






































健康的な腸内細菌バランスを維持し
高消化性タンパクを使用した
消化器サポート(高栄養)タイプのリキッド




















腎臓が悪いねこちゃんわんちゃんには
リンの含有量を制限している腎臓サポートタイプのリキッドもあります!

今までの療法食に飽きて、なかなかご飯を食べてくれない子に
ご飯の上にかけて、 トッピングとしての使用も◎

経鼻カテーテルを付けているわんちゃんねこちゃんや
強制給餌をお家で行っている方にもオススメです!
液体なので給餌しやすいです✨


病院でも固形が食べにくいわんちゃんねこちゃんなどには
すり鉢などでご飯を粉状にし、缶詰などと混ぜ
ペースト状にして強制給餌を行っていましたが、
これだと始めから液体なので扱いやすいです!


しかもこのリキッドタイプには
専用のスペシャルキャップが付属で付いている為、
手を汚すことなく
シリンジにご飯を吸うことができます
強制給餌をやられた事がある方はご存知だと思いますが、
強制給餌を行う際にシリンジにご飯を詰める作業はなかなか難しく
手がベチョベチョになり、お菓子作りの後のようになります



当院では暑かった夏の間は
これを氷を作る入れ物に入れ冷凍し
リキッドを固めることにより
ぺろぺろとわんちゃんに舐めながら食べてもらったりもしていました!


・体重減が気になる
・高齢犬、高齢猫
・腫瘍やウイルスと闘っていて
   少しでも多くの栄養をあげたい。
・食べムラや食欲があまり無く、
 少量しか食べないので、高栄養のものをあげたい
・仔犬、仔猫でなかなか大きくならない

などの事で悩まれている方にオススメです
リキッドタイプは開封後、冷蔵庫で48時間日持ちしますが、

他にももっと日持ちする粉タイプで溶かして使用するものもありますので、
1度是非、ご相談ください
高齢犬などの介護などは悩まれる方が多いです。
是非よければ、病院で悩みなどお話下さい。
何かお役に立てることがあればと思います  



看護師:岡本

 



ギャラリー
  • 獣医師勤務表『4月』《改訂版》
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • はじまりました!
  • 大事な印
  • 大事な印
  • 日本獣医再生医療学会に参加して(少し面白くない内容かもしれません))