皮膚疾患

皮膚の勉強をしてきました

獣医師の梶村です。
先週、2日連続で皮膚の勉強をしてきました。


7/29は夜から、皮膚科の症例検討会に行ってきました。


2017-08-08-09-24-56




Olivry 先生はアメリカのノースカロライナ州立大学の獣医皮膚免疫学分野の教授で、世界的な皮膚科の先生です。
症例検討会の内容としては、何人かの先生が自分の診ている皮膚病の症例を発表し、その後、招待された先生方の質疑応答、Olivry 先生の解説という感じです。

セミナー形式とはまた別で、細かい疑問も解消できて、とても有意義な時間でした。




7/30には大阪でOlivry 先生とFavrot 先生のセミナーに行ってきました。

2017-08-07-14-27-55


Favrot 先生はスイスのチューリッヒ大学の獣医学部の教授で、同じく世界的に有名な皮膚科の先生です。
セミナーでは、犬アトピー性皮膚炎の新しい知識を得られました。
今回は減感作療法やアレルミューンなどの話がありましたね。




犬アトピー性皮膚炎は他の痒みの原因(外部寄生虫、細菌感染、マラセチア、食事アレルギーなど)を除外することで診断します。
なので、アトピーの診断に至るまでは時間と費用がかかります。
治療は免疫抑制剤、インターフェロン注射、減感作療法、アレルミューン注射、外用療法、シャンプー、食事、サプリメントなど様々です。単一であったり併用したりします。 


その子その子で適した治療法があるので、どうしても痒みが治まらない、ステロイドを使い続けるのは嫌、など悩んでいる方は相談してください。



うちの愛犬のモコも皮膚が少し弱いです…
image


獣医師 梶村


 

とろ〜りジェルを垂らすだけ!



こんにちは、看護師の岡本です。

前回ジメジメ、ムシムシした
この時期に多い疾患で皮膚の疾患が多いとご紹介しました!

それに類似し、病院に治療を行っている
わんちゃん多い疾患がもう一つあります 


それは、外耳炎です。


外耳炎はどの犬種でもかかる可能性があり、
中でも耳が垂れている子やアトピー性皮膚炎の子が多いです

そこで以前、外耳炎にならないように、また実際に外耳炎になってしまった子に
お家でもできるお耳の洗浄方法を紹介したと思いますが、、、
 

飼い主さんから『わんちゃんが家では動いたり、暴れてしまい耳洗浄が出来ない
と言う相談をされることが多くなりました


前置きが長くなりましたが、そこで今日は
続けて2回使用で治療が早く終る、通院回数が減らせる!
わんちゃんにやさしい外耳炎のお薬をご紹介したいと思います



2017-07-02-17-58-35

オスルニアと言う外耳炎専用のお薬です★

2017-07-02-18-11-47


耳の中に直接ノズルを入れるのでノズルも優しいシリコン性で柔らかいです



image




上の図のようにオスルニアと言うお薬を週に1回、病院で点耳。
それを2回行ってもらいます。

通常の場合は、病院での治療にプラスし自宅での毎日の耳洗浄を指示されます。
なので、このお薬を週に1回垂らし、その間は自宅での耳洗浄の必要はありません。
(もちろん、症状の度合や反応の速度により治療期間が前後する場合はあります。)


●自宅での点耳が必要ないため、点耳を忘れる心配なし!

●自宅での点耳がないのでわんちゃんに嫌がられる心配なし!

●病院で獣医師がしっかり点耳を行うので確実に治療をすることができる!



ここで、垂らすだけでOK!と言われても
疑問に思われる方も多いかと思います、、、


どうして効果が1週間もつのか?

そんなに効くなら強いお薬なのか?


答えは、他の液体タイプのお薬と違い、
とろ〜りとしたジェルタイプのお薬なので
耳の中になが〜く留まるので効果が持続するからです
効果が持続するだけなので強いお薬ではなく、従来のお薬とは安全性に差はありません。


お家での耳洗浄が上手く行かず、なかなか治らない子や
耳洗浄により耳や顔周りを触らせてくれなくなり、
洗浄液を見せると一目散に逃げてしまう子など
お家での洗浄は、飼い主さんにとってたくさんの不安や思いがあると思います

このお薬の導入により
少しでもわんちゃん飼い主さんのストレスを減らせればと当院では考えています。

少しでも興味を持たれた方や実際に困っている方、
是非 お気軽にお声がけください。





看護師:岡本



 

ムシムシするこの季節に注意 ⚠️



こんにちは、看護師の岡本です。



7月 に入りましたがまだまだ雨が降り、
ジメジメ、ムシムシした季節ですね 
そんなこの季節に注意しなければならない事があります!



皮膚病!



ジメジメ、ムシムシから カビが生えてしまったり
ノミ 増えてしまったりし、
この季節に皮膚病になるわんちゃんねこちゃんが毎年続出してしまいます



今日は前回の看護師、榎本にひき続き
一足先に皮膚病の注意点をお伝えし、
この季節をスッキリした状態で過ごせるようにしてもらいたいと思います!








わんちゃんの皮膚は分厚い被毛に覆われているので
この季節、蒸し暑い状態が続いてしまうと皮膚が蒸れやすくなってしまいます。


そうすると、わんちゃんの皮膚は
人の皮膚に比べ薄く、先ほど伝えた
この季節の環境要因によって
皮膚のバリア機能が壊れてしまい皮膚病になってしまうことが多いです。



得にこの季節なってしまうのが
マラセチア性皮膚炎 と呼ばれる皮膚疾患です。



マラセチア性皮膚とは?

マラセチアとは正常な皮膚にもいる
カビの一種の常在菌のことです



えっ?カビ!?



と思われる方もいらっしゃると思いますが、、、




実はこのカビは常在菌と呼ばれる菌なので、、、


そう!常にわんちゃんの皮膚や口吻、外耳道、指間、肛門周囲の表面に存在し通常は ひっそりと生息しているのです



その常在菌がいろいろな理由で増殖してしまい、皮膚に炎症やべたつき、フケ
さらに独特な異臭もします!



よく、『耳から変な臭いがする!』とこられた方はマラセチアによる外耳炎の事が多いです。


そして、痒みが強いのもマラセチアの特徴です!
異常なくらい皮膚や耳を痒がり
我慢できず、掻きむしってしまい
脱毛や炎症が起こる事がほとんどです


症状が続くと皮膚が厚くなったり
黒い色素沈着ができたり
角化が進んで皮膚が硬くなったりし、脱毛が出来たりします。



これらができる原因は体質や食事など
いろいろありますが、
梅雨や夏などのこの時期はやはりマラセチアが好む湿気が発症のキッカケとなりやすいです



ポイントとしては、耳の毛が密集していたり、毛の密度が高いわんちゃんはなりやすい為、耳毛を抜いてあげたり
サマーカット などで毛の量を減らしてあげ、毛の通気性を良くしてあげる事を
オススメします◎

また、定期的にジャンプーをするのとにより皮脂などを減らすことが出来ます!
シャンプー後は湿気の原因となるのでしっかり乾かしてあげましょう
わんちゃんの体調と機嫌がいい時に狙ってしてみましょう!

耳毛抜きやシャンプーは当院でも出来ますのでお困りの方はお声がけ下さい

看護師:岡本



新しいフードのセミナーに行って来ました!



こんにちは、看護師の岡本です。
先日、看護師の和泉と一緒に
大阪で行われた新しいアレルギー食のセミナーに行って来ました!

































遅い時間までのセミナーでしたが
たくさんの方々来られていて
それだけアレルギーと言う分野は
たくさんの方々が悩まれているだと実感しました!


今回のセミナーの目玉は
近々、発売されるダームディフェンスと言うごはんです

























食事アレルギーではない、
アトピー性皮膚炎を含む環境アレルギーのわんちゃんに配慮したごはんです!


つまり人間で言うと卵や蕎麦アレルギーなどの食品アレルギーでは無く、それ以外のアレルギー

例えば

花粉、カビ、ほこり、ノミの刺咬

などで皮膚炎の症状があるわんちゃんに対するごはんです。



商品としてはカリカリのドライフードと
ウェットタイプの缶詰の2種類があり、嗜好性も高いようです!

皮膚の痒みが慢性的に起こり、病院でアトピー性皮膚炎と診断され
以下の事に当てはまる方にオススメです!



●お薬を飲んでいるが痒みが続く
●お薬を飲んで痒み治まるが
  お薬を止めると痒みが出てきてしまう
●お薬を続ける事に抵抗がある
●痒みで掻いてしまい脱毛が目立つ
●毛の色が薄くなった



私がセミナーですごいな!っと感じたのは、、、

使用した方の発表で

脱毛の改善や毛への栄養の変化によりツヤなどが出てきた結果がとても印象的でした!


ダームディフェンスは
ヒルズが独自の改良を重ね、皮膚のバリア機能を強化し、抗炎症作用のある脂肪酸が含まれ、痒みを和らげると同時に皮膚や毛にしっかりと栄養が届くよう考えられたごはんです


治療中の方や気になる方は
わんちゃんの体調などにもより、
獣医師との相談の上でお出しするので
お気軽にご相談ください!
また、当院には今回は対象ではなかった食事アレルギーに対する新しいごはんも取り入れてますのでそちらもお気軽にお尋ねください


看護師 岡本








夏に多い皮膚病③

獣医師の梶村です。


今回はノミアレルギー性皮膚炎についてお話します。

ノミアレルギー性皮膚炎は、3大搔痒疾患の一つで、罹患すると激しい痒みを呈します。
犬と猫で原因となるノミは通常ネコノミで、それらがⅠ型もしくはⅣ型アレルギー、好塩基球性過敏症を引き起こすと考えられています。


ノミはライフサイクルの中で、成虫だけが吸血可能ですが、その成虫のノミは約5%に過ぎません。
残りは卵、幼虫、蛹として、生活環境中に存在します。



23



犬では多くの場合、病変部は下半身で、腰背部、尾根背部、後肢、会陰部、臍部に、脱毛やフケ、かさぶたなどがみられます。 



47



診断はノミまたはノミ糞を見つけることです。
ノミ糞は濡らすと、血液成分が滲み出ます。 



07



治療にはノミの駆虫薬を用います。
当院にあるノミの駆虫薬は、犬用のスポットタイプにレボリューション、フロントラインプラス、マイフリーガードがあります。経口のタイプとしてはネクスガード、ネクスガードスペクトラ、コンフォティス、パノラミスなどがあります。
猫用のスポットタイプにはブロードライン、レボリューション、フロントラインプラス、マイフリーガードがあります。


top_package


Broadline2



また痒みをコントロールするためにステロイド薬を使い、二次感染があれば抗生剤を使うこともあります。


ノミは環境中に多く存在しているので、掃除、洗濯や殺虫を行い、 ノミ予防を定期的に続けましょう。



19
愛犬モコは1年中予防してます!

獣医師 梶村





 
ギャラリー
  • 獣医師勤務表『4月』《改訂版》
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • 入院室ってこんな所です!
  • はじまりました!
  • 大事な印
  • 大事な印
  • 日本獣医再生医療学会に参加して(少し面白くない内容かもしれません))