泌尿生殖器疾患

子宮蓄膿症の治療選択

獣医師の梶村です。

子宮蓄膿症とは、子宮内に貯留した細菌が産生する内毒素(エンドトキシン)によって、重篤な症状を示す疾患です。 

一般的な治療としては、外科的に卵巣子宮全摘出術が行われます。
 しかしそれ以外にも、ホルモン剤を使用して、子宮内の膿を排出させる治療もあります。

ホルモン剤は複数あるのですが、当院で使用しているホルモン剤はアリジンというものです。

image 
アリジンの効果としては、プロジェステロンの作用を一時的に抑制することで、黄体期から脱して、細菌の増殖を抑制し、子宮頚管を弛緩させることにより、排膿を促進します。

この薬の良いところは、今までのホルモン剤とは違い、副作用がほとんど無いことです。 
また子宮平滑筋の収縮作用が無いので、膿が外に出ない閉鎖性の子宮蓄尿症にも安全に使えます。

ただし注意しなければいけないことは次回の発情以降に再発する可能性が十分にあることです。 
これは一時的には膿を出させますが、卵巣子宮自体は残っているために、次回の発情後に同じような状況になるためです。
またアリジンは日本では市販されていないため、置いていない病院も多いです。

今回はこのアリジンを使用したワンちゃんを紹介します。

IMG_3469

チワワのバニラちゃんです。
陰部からの排膿(顕微鏡で過剰な細菌が認められた)があり、腹部エコー検査、血液検査より子宮蓄膿症と診断しました。

BlogPaint


また乳腺の腫瘤も複数認められました。 

本来ならこの時点で、卵巣子宮全摘出術と乳腺腫瘤の切除を行うところですが、バニラちゃんが貧血を起こしていたことと、乳腺が棒状に腫れていて炎症性乳癌(悪性度が非常に高く、外科は不適応)の可能性があったので、まずはアリジンを使用して、注意深く観察し、排液して子宮が小さくなれば手術することにしました。

結果的には、子宮内の液体が減り、貧血は改善し、乳腺の腫れも無くなり、状態も良好な中で卵巣子宮摘出術と乳腺腫瘤の摘出ができました。

DSCN8232


これからは今回のように、子宮蓄膿症でも緊急に手術するだけでなく、内科で状態を上げつつ、手術することも考えていいと思います。(もちろんそんな悠長に待てない子は別ですが)
それを可能にするのがアリジンです。
また様々な理由で麻酔をかけられない子にも有効です。
ただし、効果が無いかもしれないということと、次の発情後以降に再発する可能性が十分にあるということは理解しておかなければいけません。 

2017-12-14-10-56-39

獣医師 梶村

 

おしっこの量を増やしましょう!

看護師の和泉です。

今年は、急に冬が来たかのように寒い日が多いですよね。
秋を感じることが、あまりなかったように思います。
せっかく買った秋服も、出番がないままタンス行きです…(笑)



以前にもブログで、猫ちゃんの膀胱炎について、書かせていただいたことがありますが、今回は改めておしっこの病気についてお話します。




冬場の寒い時期になってくると飲水量が少なくなることがあります。
飲水量が減少すると、おしっこが濃くなり『膀胱炎』や『結石症』などの病気になりやすくなります。



飲水量の減少だけではなく、尿がアルカリ性に傾いてしまうと『ストルバイト結石』が、ミネラルなどの多い尿になると『ミネラル分を材料とする結石』ができやすくなります。

また、ストレスが多い環境では、結石や細菌感染がなく、原因がはっきりしない『特発性膀胱炎』につながることがあります。
血尿や頻尿などの症状が出て、治っても再発を繰り返しやすいです。




このような病気にならないためにも、猫ちゃんのお水や食事内容などに気をつけなければなりません。

気をつけるポイントは、6つあります。



1.食事とおやつに気をつける

膀胱炎や結石症は、食事療法がとても大切です。
どのようなフードがいいか、獣医師と相談しましょう!

◎おしっこの量を増やすフードにする
◎結石の材料となる、カルシウムやマグネシウムを多く含むおやつは与えないようにする(じゃこや煮干しなど)





2.お水を飲ませるように工夫する

新鮮なお水を用意することで、飲水量をあげましょう!

◎立ち寄りやすく静かな場所に、設置する
◎お気に入りの容器を、見つけてあげる(陶器や流れる水、循環する水など)





3.おしっこを我慢させないようにする

トイレを落ち着いて使えないと、おしっこを我慢してしまうことがあるので気をつけましょう!

◎こまめに掃除をして、清潔なトイレにする
◎大きいトイレにする(体の1.5倍くらいの大きさが理想)
◎トイレの数を、猫ちゃんの数プラス1置く





4.遊んであげる

猫ちゃんは遊ぶことが大好きなので、適度な時間で遊んであげましょう!

◎ストレスを発散させてあげる
◎元気かどうかのチェックをする





5.太らせないようにする

肥満による運動不足は、水を飲む機会を減らしてしまい、結石をつくりやすくしてしまうことがあるので、気をつけましょう!

◎肥満予防のため、食事管理をきちんとする(適正体重の量を計ってあげる)
◎遊んであげることで、運動をさせる
◎こまめに体重を測る





6.定期的に通院をする

投薬や食事療法をやめてしまうと、再発してしまうことがあります。
お薬や食事内容の変更は、獣医師に相談しましょう!

◎定期的な尿検査をする(おしっこに結石症の元になる、結晶などが出ていないかを確認)
◎定期的なエコー、レントゲン検査をする(結石ができていないかを確認)





膀胱炎になりおしっこが出なくなったり、膀胱や尿路に結石ができてしまい、その石が尿道をふさぎおしっこが出なくなると、命に関わってきます


このような病気にならないように、猫ちゃんのおしっこ管理に気をつけてあげましょう!



看護師 和泉

多飲多尿の鑑別診断 後編

獣医師の梶村です。
前回に引き続き、多飲多尿で注意しなければならない病気を簡潔に説明します。


2017-07-11-11-18-14

2017-07-11-09-43-28




(1)慢性腎臓病
(2)腎盂腎炎
(3)子宮蓄膿症
(4)肝不全
(5)糖尿病

(6)副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
(7)副腎皮質機能低下症(アジソン病)
(8)猫の甲状腺機能亢進症
(9)原発性アルドステロン症
(10)高カルシウム血症
(11)尿崩症
(12)医原性(グルココルチコイド投与)
(13)心因性多飲



(6)副腎皮質機能更新症(クッシング症候群)
この病気に関しては、以前詳しく説明していますので、そちらをご覧ください。

http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/7627031.html

http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/7631802.html

http://kamogawa-ac.blog.jp/archives/7632057.html



(7)副腎皮質機能低下症(アジソン病)
アジソン病はクッシング症候群と逆で、副腎皮質から分泌されるステロイドホルモン(グルココルチコイドとミネラルコルチコイド)が不足することで起こります。
ステロイドホルモンの不足により、多飲多尿、虚弱、体重減少、食欲不振、嘔吐、吐出、下痢、血便、徐脈、低体温、痙攣、震えなど、様々な症状を引き起こします。

診断は症状と血液検査にて、行います。
治療はステロイドホルモンを使用します。



(8)猫の甲状腺機能亢進症
この病気は高齢の猫で見られます。
甲状腺が過形成、もしくは腫瘍化することで、甲状腺ホルモンを過剰分泌することで症状が現れます。

症状としては
食欲旺盛だが体重が減少する。
攻撃性が増加する。落ち着きがなくなる。
慢性の下痢や嘔吐が見られる。 
頻脈、心肥大が見られる。 
などがあります。

治療は抗甲状腺薬、食事療法、外科的治療があります。



(9)原発性アルドステロン症 
副腎腫瘍がアルドステロンを過剰に分泌することにより起こります。
犬猫ともに稀な病気です 。

症状としては多飲多尿、高血圧、眼底出血、中枢神経症状、心血管障害などが起こります。
低K血症と副腎の腫大が診断のきっかけになることが多いです。

治療は腫瘍の外科的切除や、内服薬を投与します。



(10)高カルシウム血症
高カルシウム血症は腎臓の尿濃縮能を低下させることで、多飲多尿となります。
軽度の高カルシウム血症は無症状ですが、重度になると多飲多尿、興奮、震え、過敏、嘔吐、食欲不振などが出てきます。
重度の高カルシウム血症が持続することで、腎不全にもなります。

高カルシウム血症となる原因は様々です。
原発性上皮小体機能亢進症、悪性腫瘍、ビタミンD中毒、腎性続発性上皮小体機能亢進症、副腎皮質機能低下症、猫の特発性高カルシウム血症、成長期などがあります。

治療は原因となっている病気を治すことです。
支持療法として、皮下点滴、利尿剤、グルココルチコイドなどがあります。



(11)尿崩症
中枢性尿崩症は抗利尿ホルモン(バソプレシン)が何らかの原因で合成、分泌できなくなることで多飲多尿を引き起こします。
原因は頭部への外傷、視床下部や下垂体の腫瘍が多いですが、原因が分からない場合もあります。
治療はホルモンを補充します。

腎性尿崩症は、腎臓の抗利尿ホルモン(バソプレシン)に対する反応が低下することで起こります。
原因は慢性腎臓病、糖尿病、クッシング症候群、甲状腺機能亢進症が多いです。
治療はそれぞれの原因疾患を治療することです。
 


(12)医原性(グルココルチコイド投与) 
グルココルチコイドの副作用として、多飲多尿が見られます。



(13)心因性多飲
比較的若い犬で見られ、多飲により多尿が起こります。
他の多飲多尿の原因を除外することで、診断します。
原因は不明ですが、ストレスが関与していると考えられており、腎臓機能や内分泌機能は異常がありません。
 


前回と今回で多飲多尿の原因について説明しました。 
この症状は比較的気付きやすいと思うので、怪しいなと思ったら、まず飲水量を測って見てください。
また尿検査も非常に有効ですので、病院におしっこを持って来てください。


獣医師 梶村

 

多飲多尿の鑑別診断 前編

獣医師の梶村です。

今回は多飲多尿の鑑別について説明します。


多飲多尿とは、薄いおしっこを大量にして、やたら水を飲みたがることです。
24時間の飲水量が、犬猫で体重1kgにつき100mlを超えるなら多飲です。
また多尿は尿比重が犬で1.030以下、猫で1.035以下であれば多尿と判断します。


2017-07-11-11-18-30



この症状が出る場合は、主に以下の可能性があります。

(1)慢性腎臓病
(2)腎盂腎炎
(3)子宮蓄膿症
(4)肝不全
(5)糖尿病
(6)副腎皮質機能亢進症(クッシング症候群)
(7)副腎皮質機能低下症(アジソン病)
(8)猫の甲状腺機能亢進症
(9)原発性アルドステロン症
(10)高カルシウム血症
(11)尿崩症
(12)医原性(グルココルチコイド投与)
(13)心因性多飲


これらの病気を簡潔に説明します。


(1)慢性腎臓病
高齢の動物で罹患率が高く、特に猫で主要な死亡原因となります。
ある程度進行すると、慢性腎臓病はそのまま進行し続け、高窒素血症、尿毒症(消化器症状、体重減少など)が出てきます。
また貧血や、高血圧による失明、上皮小体機能亢進症による骨異常も見られるようになります。

治療には皮下点滴、内服薬、食事療法などを行います。 



(2) 腎盂腎炎
膀胱からの細菌尿が腎臓に逆流することで腎盂腎炎となることが多いです。
腎盂腎炎の症状は様々で、無症状の場合もあれば、多飲多尿、頻尿、血尿、失禁、発熱、食欲不振、嘔吐、腎臓の痛みなどがあります。

治療には抗生剤を長期的に使います。
 

(3)子宮蓄膿症
子宮蓄膿症は子宮内膜の嚢胞性増殖と細菌感染による炎症から、子宮内に膿が溜まる病気です。
発情出血後、1〜2ヶ月に発症することが多いです。
症状は多飲多尿、元気消失、食欲不振、嘔吐、腹部膨満、外陰部からの膿、発熱などです。

最善の治療は外科的に卵巣子宮を摘出することです。
ホルモン剤+抗生剤の内科治療もありますが、再発の可能性、治療に時間がかかる、副作用などの問題があります。


画像はパンパンに膨らんだ子宮です。
DSCN5959



(4)肝不全
肝不全とは、何らかの原因により肝臓の機能が大幅に低下した状態です。
症状としては、多飲多尿、黄疸、食後肝性脳症、食欲不振、元気消失、嘔吐、腹水、下痢、皮膚疾患などが見られます。


画像は肝臓の生検です。
DSCN9387
病理検査に出すことで、肝臓の状態が分かります。


(5)糖尿病
インスリンの不足や抵抗性により高血糖が生じ、様々な代謝異常を引き起こします。 
症状は多飲多尿、多食、体重減少などがあります。
犬では長期の高血糖が続くと白内障になります。
猫では後肢の麻痺が起こることがあります。

治療はインスリン製剤を使用します。 
犬では生涯インスリン注射が必要ですが、猫ではインスリン注射から離脱することができる場合があります。



後編で残りの病気を簡潔に説明します。


獣医師 梶村

 

定期検査してきました!

こんにちは!
お正月は地元に帰っていました


年明けに愛犬こうたの定期検査に
行ってきました。

今回はエコー検査と
レントゲン検査をしてきました。


病院から帰るときに
ふと、おしっこの切れが悪いなーと
見ていて思いましたので
採尿だけして当院で検査をしました。

尿検査をしてみたら
PHが9.0と正常値では
ありませんでした
(ショック・・・。)


PHとは尿が酸性アルカリ性
調べる検査です。
正常値は6.0~7.0です。

うちの子はPHが9.0だったので
PHが高いとアルカリ性
傾いていることになります。
アルカリ性の尿の何が悪いのか?



1. 尿路結石ができ、排泄時に強い痛みを伴う病気へ進展する。

2. 腎臓機能が著しく低下している可能性がある。

3. 尿路感染症になる。
→3を放置していると腎不全や敗血症などの重篤な病気につながることもあります。


なので先生と相談して
お薬をスタートしました

その結果はまた書きます

〜〜おまけ〜〜

静岡にしかないさわやかという
ハンバーグのお店があります。



今回も美味しく食べてきました(*´ω`*)
ギャラリー
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • そこまで見える!?歯科用レントゲン
  • 獣医師出勤表『3月』
  • 滑りはキケン!!
  • 滑りはキケン!!
  • \犬名なるほど/